スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asprire Oneの6セルバッテリーは10月初旬発売?

さて、外出先で使うには少々心許ない駆動時間のAsprire One。標準のバッテリーは3セルのモノで、使い方にもよりますが、1~2時間の使用でスタミナ切れに。
そのため、オプションの6セルバッテリー"Acer AOA150シリーズ用オプション6セルバッテリー"の発売を心待ちにしているユーザーもいるようです。

公式ページではオプションの6セルバッテリーは、10月初旬に発売予定になっています。しかし通販サイト NTT-X Store 商品ページでは販売開始日:2008/10/30となっています。どっちが正しいのか…
それと少々疑問なのは、このバッテリーの色が黒と白の2色しかないことです。日本で売っているAsprire Oneは白と青のモデルなのですが。
2008/10/14追記
先週の10/08にバッテリーの販売が開始されていたようです。6セルバッテリーをつけるとアウトラインが結構変わりますね。


それにしても、NTT-X Storeのアスパイア ワンは、本体もバッテリーも結構安いですね。本体価格なんか5万切ってます。そして送料、代引き手数料も無料(9/22現在)。アマゾンよりお買い得ですね。



他のAspire oneのエントリーはこちら

テーマ : ネットブック/ネットトップ
ジャンル : コンピュータ

アスパイア ワン使ってみた。

さて、しばらくAspire oneを使ってみての感想は、一言で言えば可もなく不可もなく、言い換えればスペック相応なんじゃなかろうかと。(こう書くと不満が有りそうに聞こえますが、購入して損をしたとかは別に思ってませんよ。)

キビキビ、サクサク動くと言えるほどでも無いですが、思ってたほどのモッサリ感もないです。まぁこのあたりは使う人の期待値次第ですが…。ぶっちゃけ5~6年前に組んだAthlon1.4GHzのマシンよりは快適に動いていますw 

それに、OS込みで5万4000円台という価格と、B5ワイドという本体のサイズからすれば、十分にコストパフォーマンスの高い、良くまとまった製品ではあります。というか低価格でコストパフォーマンスの高いミニノートPCというのがAtom搭載ミニノートのコンセプトそのものなのかもしれませんが。

さて前回も書きましたが、引き続きAspire oneの使用感をつらつらと↓に書きます。

起動速度は大体1分20秒ほどでOSが起動します。1分20秒というのは、PCが起動して砂時計が消えるまでの時間です。セキュリティソフトはマカフィーの試用版が入っていました。

アプリケーションだとIEの起動などはちょっと待たされる印象。ゼンリンの電子地図は以外にスムーズに動きましたが、HDDが5400rpmということもあって、大量のファイルを読み込むシチュエーションではそれなりに待たされます。ちなみにHDDはWD1200BEVSでした。

スピーカーの音質に関しては、無いよりは断然良いのですが、モノがモノなうえに底面に内蔵されているので、鳴ればいい程度の音質でしょうか。PSPのスピーカの方がいい音出します。
まぁ音質が気になるのであれば、側面の端子にヘッドフォンを接続すればそれなりの音は得られますが…。


動画の再生能力についてはYouTubeは問題なく視聴できるレベルです。ニコ動だとコメントの多いh.264動画の場合には、多少のコマ落ちやコメントの引っかかりは有りますが、コメント消せばヌルヌル動きます。といっても一部の画質重視の動画はかなり厳しいです。

さすがにZOOMEの800x450の60fps 1400kbpsの動画では映像ガックガクでブラウザのスクロールすらままなりません。30fpsでようやくCPU使用率90%台です。60fps動画では640x480のあたりが大体のボーダーラインでしょうか。


タッチパッドは自分は普段から使っているわけではないので、慣れていない事もあって多少使いにくさを感じますが、タッチパッドの上で、二本の指をつまむように動かしたり拡げたりする事で、画面の拡大縮小が出来るのは便利ですね。
ただやはり、車内や屋外での使用などの、マウスを使うこと自体が難しい環境でもなければ、小型のワイヤレスマウスを使用した方がストレス無く操作できます。


バッテリーに関しては、使い方にもよりますが2時間前後の動画鑑賞で残量が厳しくなりましたので、長距離移動のお供には微妙な感じ。10月に倍の容量(6セル)のモノが発売予定らしいので、バッテリの値段次第ではそちらに換装するかも。


モニタの解像度はサイズがサイズだけに仕方のないところですが、縦の解像度がもう少し欲しいところ。例えばネットブラウジングでは、ブラウザの各種のバーとタスクバーで、かなり表示領域が取られます。タスクバー自動的に隠す設定にしても、やはりF11キーの出番が増えそうです。


他のAspire oneのエントリーはこちら

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

アスパイア ワン買ってみた。

八月の終わり頃に発売されたAcerのミニノートPC Aspire one(アスパイア ワン)を手に入れました。サファイアブルーも落ち着いた色合いで良かったのですが、在庫の関係でシーシェルホワイトを選択。


DSC_1640b.jpgDSC_1653c.jpg
パッケージもコンパクトで洒落たカンジです。本体は全体的に丸みのあるデザインで、質感も良く安っぽさは感じません。ただ、ヒンジに施されたオレンジ色のメッキが、白モデルでは特に目立つので気になる人もいるかも。
ちなみに付属品のソフトケースはかなり匂いますが、一日程度陰干しすれば匂いもとれるようです。


DSC_1656c.jpgDSC_1668c.jpg
本体の厚みはそこそこ、モニター部分は結構大きく開きます。光沢液晶は輝度も十分で色も良いです。
視野角は左右は広いですが、上下方向には狭く、特に上方が弱いです。まぁこのサイズの液晶ですからたいした問題ではありませんが。

キーボードはこのクラスのPCにしてはピッチが広く好印象。男の手でもタイピングにはそれほど困らないでしょう。タイピング中に親指がタッチパッドをクリックしてしまうのは慣れれば大丈夫かな?

このPCで一番残念なところを挙げるとすれば、充電ケーブルの太さでしょうか。PC-ACアダプタ間は良いのですが、ACアダプタ-コンセント間のケーブルがミッキーケーブルってやつで、デスクトップPCの電源ケーブルと変わらない太さです。やはり携帯性の面では劣ります。


atomBench.jpg
いくつかベンチマークをやってみました。スーパーπ HDベンチ CrystalMark 2004R3  CrystalDiskMark
他にもタイムリープブートベンチ らぶデス3体験版なんかを動かしてみましたが、最軽量設定で両方とも7~8FPSでした。
ベンチマーク中のCPU温度は最高で79℃(CoreTemp使用)でしたが、CoreTempはCPUをAtomのZシリーズと誤認識していたので、信頼できる数字なのか不明です。

aspire.jpg
デバイスマネージャーはこんな感じ。



他のAspire oneのエントリーはこちら

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

1TBHDDを2台追加。でももうRAID0は勘弁。

さて論理障害を起こした500GBのHDDx2を、とりあえずモスボールすることにしたので、代わりとなるHDDを用意しました。
一つは1TBのHDDとしては高性能の誉れ高い"Caviar Black WD1001FALS"です。
もう一つは1TB最安のHDDと言えばこれの"Caviar GP WD10EACS-00D6B0"です。
ともにWesternDigitalの製品で、17000円台と12000円台から入手できます。
で、これらをちょこっとベンチマーク。使用ソフトは例によってHD TuneCrystalDiskMark


WDC WD10EACS-00D6B0bWDC WD10EACS-00D6B0a
Caviar GP WD10EACS-00D6B0は333GBプラッタ採用16MBキャッシュの5400rpmの製品です。PCIeに刺した玄人志向SATA2RI2-PCIeに接続していているうえに、この回転速度ですが、プラッタ密度のおかげか悪くは無い印象です。


WDC WD1001FALS-00J7BbWDC WD1001FALS-00J7Ba
Caviar Black WD1001FALSは333GBプラッタの32MBキャッシュ7200rpmにデュアルプロセッサー採用の製品。ICH9Rに接続。単体のドライブとしては非常によい感じですね。流石です。


使ってみて意外だったのはWD10EACS-00D6B0が以外にイイかもしれないということ。消費電力、発熱、騒音の面で5400rpmは7200rpmより優位だろうし、近年のプラッタ密度の上昇で速度もそれなり。自分の環境ではPV4で最大解像度で録画しても大丈夫だったし、少なくとも数年前のHDDより速い。そして何より安い。ファイル倉庫には十分すぎますね。


HDD関連で気になると言えば、もうじき出回るであろう日立の"Deskstar 7K1000.B"を始めとする375GBプラッタの製品。なんと転送速度が170MB/sオーバーとか、Seagateからは1.5TBのHDDが出るとかでスゴイ事になってます。さらには日立がHDDの記録密度を2.5倍に高める技術を開発したとかで…近い将来3TBのHDDとかが普及するんですかね?その頃にはシリコンディスクとかもどうなってる事やら。

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

WD3200AAKSとICH9R

P5K PROでも、GA-965P-DS3の時と同様に、WD3200AAKS-00B3A0を二台使用して構築したRAID0をシステムディスクにしています。なので、P5K PROのICH9RでもHD tuneでスコアを取得し、GA-965P-DS3のGRAIDと比べてみました。

SATAR06200aaksOS.jpg


数値上はシーケンシャルアクセスのスコアが大幅に向上していますが、4Kのランダムアクセスは逆に遅くなっています。ストライプサイズは両者124kなのですが、実はGRAIDの方はアロケーションユニットサイズが64Kで、ICH9Rの方は64Kに設定した記憶がないので、標準サイズの可能性大です。
なので純粋なRAIDコントローラーの性能比較ではなかったりします。 ゴメンサイ^_^;


WD3200AAKS-00B3A0の記事
P5K PROの記事

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

P5K PROとPV4

マザーボードをP5K PROに交換してから半月ですが、全くもって安定しています。今のところ強制リセットもブルースクリーンも発生していません。いやぁー快適快適。


で、新マザーにPV4を移植しました。

映像でねー!!…あぁ、D端子刺さってねー。
ぬぁ!音出ねー。…あぁ、"モニター時に音声を出力"をチェックし忘れてた。

とか一人でハラハラしてました。でも問題なく?使えてます。
いやね、モニター中にたまに音声にノイズが入るんだけど、録画ファイルは無事っぽいんだよね。PCIのレイテンシ弄れば直るのかな?それとも光デジタル端子が、PCケースの鉄板の厚みに邪魔されて、PV4にしっかり刺さってないとか?はたまたUSBオーディオ側の問題か?
とりあえずPVバージョン3.4.1に更新しても症状変わらず。まぁメドイのでとりあえず放置しとこう。


動作テストでキャプってみた絵の背景を消してみるテスト。自動抜きでこれぐらいの精度が出せたらなぁ…。
画像2
ダウンロードコンテンツまさかの宇宙服。バイザーに映る地球や、カメラの被写界深度が芸細です。
バックパックにキャラ毎に番号が振られているのですが、”のワの”さんが01なのでやはりキャラの開発順なのでしょうか?
バックパックには他にRewritable Stageの文字もありましが、これはアーケード時代の機器の名称のようです。

このキャプ絵で何が言いたいかと言うと、私いい年して"廻る" が "めぐる"とも読むのだと、初めて知りました。勉強になるなー。


P5K PROの記事

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

P5K PROでオーバークロック

さてP5K PROとQ6600 G0でのオーバークロックですが、BIOSで"Ai Overclock Tuner"をManualにして"FSB Frequency"を手動で変更し、その他をAUTO設定でオーバークロックするとFSB280あたりで限界になります。

元がFSB266のCPUで、以前はFSB366でも稼働していましたのでマザーボードに問題があるようです。そこでBIOSの設定で、CPUやメモリやチップの供給電圧や、メモリのレイテンシの設定を手動で定格の値に設定してみたところ、FSB366でも問題なくシステムが起動するようになりました。
どうやらこのマザーのAUTO設定はあまり賢くないようです。

さすがにFSB389ではBIOS画面すら拝めなかったのですが、マザーボードの箱にはFSB1600と書かれたシールが貼られていますので、各種の供給電圧の設定をいじって昇圧してやれば、CPUももうちょっといけそうな気がします。


P5K PROの記事

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

P5K PROに移行 その2

さてマザーボードをP5K PROに交換してOSのクリーンインストールを行ったわけですが、インストール時のDVD読み込みに異常に時間がかかって困りました。なんせOSのインストールを選択してからシリアルの入力画面にたどり着くまでに5分ほどかかるような状態で、DVDの転送モードがPIOにでもなっているんじゃないかと。DVDドライブがSATA接続なんで相性が出てるのかな?

ようやくOSインストールを終えてPCを起動すると、今度はWindowsロゴと進捗バーが消えてから、ようこそ画面が映るまでに毎回5分程度の時間がかかる始末。しかもその間画面は暗転していて何も表示されないので、フリーズと区別がつかない。
Windowsの管理ツールからイベントビューワのログを見てみると、どうもSATAポート絡みでエラーを吐いてるようです。

マニュアルを読んでみると、IDE modeでは黒色のポート3・4はデータ用でブート不可と読めるんだけど、逆に言うとRAIDおよびAHCIモードではどこに何を刺してもOKな気がするのですが、とりあえずDVDドライブを一番後ろの6番ポートに刺したらエラーが消えOSブートもスムーズになりました。不思議。

現在の構成
ASUS P5K PRO
Intel Q6600 G0
ZOTAC 8800GT 512MB PCIE
UMAX Castor LoDDR2-2GB-800-R1 x4
Western Digital WD3200AAKS-00B3A0 x2 RAID0
PIONEER  DVR-S15J


P5K PROの記事

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。