スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬はバイク整備の季節。ガレージ無いけど

いやー相変わらず寒いっすね。でも日は長くなってきてますな。
昨年末はTLのウィンカーが経年劣化でへし折れるわ、ヘッドライトが昇天するわでトラブル続出でした。

ようやく重い腰をあげて、バイクをイジル気がそこはかとなく出てきたので部品を用意。


DSC01077.jpg
純正フロントウィンカーとデイトナのICウィンカーリレー(ハザード付き)
HAZARDってフォントがそれらしくてワロス。


DSC01076.jpg
HIDはLo側のバラストが故障してるっぽいけれど、補修部品だとコスパ悪いのでキットを購入。
今回は55Wのイエローバーナーにしてみた。でも安物なので55W分の仕事は期待していない。


DSC01081.jpg
新品のバーナーがすでに焦げているのが中華クオリティ。
ま、検品している証拠とポジティブに解釈しよう。検品不合格品の可能性もあるがw

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

バッテリー交換

ホンダ リード90を普段の下駄バイクとして使っているのですが、なんせ用途が下駄ですので慢性的に充電不足で、純正指定のバッテリーでも1年ももたなかったりします。

 コスパ的にはキック始動最強ですが、夏のクソ熱い日中にガコガコやるのも辛いもので、妥協して安物バッテリーでセル様復活の儀を行うことにしました。

 今回、NBCというメーカーの製品を買うことにしましたが、なかなか物騒な名前で気に入りました。笑
DSC00439.jpg
 NBCさんは耕耘機の刃を主力製品にしているので、日本ブレードという社名なのですね。なるほど。ヌークリア・バイオロジカル・ケミカルとは関係ないですよ。念のため。笑


 購入したGEL4L-BSは外箱から受けるイメージとは裏腹に、中身の本体は以外にも灰色。おかげでちょっとした汚れがよく見えます。まぁバッテリーに美観は求めませんけれど。そういやほとんどの車載バッテリーはなぜ黒いのかな?
DSC00440.jpg


 このバッテリーは電解液がゲル状になっていて、メーカーによると「自己放電の抑制に優れ、長寿命、安全性の向上を実現しました。」らしいです。値段的にも高付加価値の上位品という位置づけのようです。それでも純正指定のモノに比べれば半額ほどの価格で18ヶ月保証です。

 ゲル状の電解液がどの様に自己放電の抑制や長寿命化につながるのかはわかりませんが、ショッカーとゲルショッカーぐらいの違いが有るのでしょうか?期待です。

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

バッフルが裏目でバックファイア?

本日TL1000Sがエンジン始動を渋るので、少しアクセルを開けてセルを回しました。するとどうでしょうズパン!という嫌な音と共に、タンク下から衝撃波のごとく空気が飛び出てきました。

((((;゚Д゚))) バックファイアかこれ!?

 幸い煙もやばい匂いもなかったので、エアクリは燃えていないと思う。けど吸気系の点検しといたほうがいいのか?あ~、ついでにエレメント交換でもやっとくかの。


 マフラーにバッフル突っ込んだのが良くなかったのかな~。あからさまに抜けは悪くなってるだろうし、マフラーの温度も上がるしで、やっぱり外すかな、バッフル。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

なんかピスピス言うてはる

TL1000Sの車検時に、マフラーの騒音が規制値ギリギリであることが判明したので、バッフルを取り付けてみました。

 用意したのは2ピース構成の汎用バッフルとホーロー(イモネジ)
R0014075.jpg
 バッフルに付属のアルミパイプなのですが、これを取り付ければさらに騒音が減るらしいです。


 素直にマフラーエンドに穴を空けてネジ止めでもいいのですが、穴開けがめどい…
R0014077.jpgR0014078.jpg
 ということでバッフルに切ってあるネジ穴にホーローをねじ込み、突っ張り棒の要領でバッフルを固定することに。

 この方法だと付属のアルミパイプが無加工では固定できなくなるのですが、それはあとで考えることにします。

 比較用に排気音を録音してみましたが、あまり違いがわからない状態。

 感覚的には騒音が数デシベルほど下がっているように感じる。それと音質は低音がカットされて高音が目立つ印象。妙なピスピス音はバッフル外周にある微妙な隙間からの排気漏れかな?

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

車検なベイベー

 TL1000Sのユーザー車検ですよ。雨の多い6月を避け、検切れ目前の7月に予約をいれたのにジャジャ降りですよ。無事更新できましたけど、カッパを着込んで汗だくで書類作成とかプチ拷問ですよ。
R0014071.jpg

 次回に備えてのメモ書き ~和歌山運輸支局でバイクユーザー車検の場合~

車検切れの1ヶ月前から受験可能。
受験には事前に電話orインターネットで予約が必要。
希望日の予約は一週間前から可能。
自賠責の期間は次回の車検満了日までは最低限必要。
バインダーはマジ便利。必須レベル。
当然だけど印鑑と車検証と軽自動車税納税証明書は忘れちゃダメ。
和歌山運輸支局でのバイクユーザー車検の受付は4ラウンド(14:15~15:30)のみ


 まず⑩陸運協会の窓口で必要書類を購入。窓口の人にバイクのユーザー車検であること、今日検査を受けること、自賠責の更新も必要であることを伝えて、バインダーに挟んだ車検証を渡す。このとき定期点検記録簿も必要かと聞かれたので次回に備えて購入。

 しばらくするとバインダーに書類(自動車検査票 継続続検査申請書 自動車重量税納付書 自賠責保険証明書 )が追加されて戻ってくるので、運輸支局庁舎に行き書類に必要事項を記入。

 記入が終わった書類をバインダーごと0番窓口に提出。ここで書類にチェックが入り、記入漏れなどがあれば指摘を受けることになる。また不必要な書類がバインダーに挟まっていた場合、それらは取り除かれて返却される。
 そして書類に問題がなければ、バインダーを持って検査レーンに行くように促される。


 敷地内の広い道路を時計回りに走ると背の高い検査レーンがあり、ここの左端が二輪の検査ラインで2台同時に検査が可能。まず前輪・後輪のブレーキ検査、続いて光軸検査、保安部品検査、目視・ハンマーでの検査の順で作業が進む。

 ブレーキ検査は意外とローラーの回転が強力なので、ぬるいブレーキだと車体が持って行かれそうになるので注意。なんとなくで調節した光軸は意外にも一発合格。
 検査員によるチェックでは打刻類やシフトパターン、オイル漏れの有無を点検しているようだった。同時に操作系のガタつきや遊びもチェックしつつ、必要な年式の車体には排ガス検査を実施。

 他の受験者に続き自分もこれで検査終了かと思っていると、屈強な検査員に「(音量測定)やらないか?」
と誘われたのでホイホイ付いて行くと、騒音計を指し示し「こいつを見てくれ。…どう思う?」「すごく…大きいです。」という展開に…

 どうやらノーマル(マフラー的な意味で)の人はスルーされるけれども、社外品のうるさい車両では音量測定を実施する模様。
 …ですよねー、Vツインで一本出しなんてJMCA適合品でも明らかにうるさいですよねー。にしても規制値ぴったりとは…ヨシムラの驚異の技術力。


 今回が初めてのユーザー車検だったのですが、書類の記入と検査の順番待ちで結構時間を食いました。

 なのでダメ出しを受けて調整・再検査のパターンを前提とする場合、受付開始と同時に0番窓口に書類を提出できるように準備しておかないと、時間的に厳しいということが分かりました。

 追記:車検費用は自賠責込みでも2万円で釣りが来ました。

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

タイヤにお化粧

 TL1000Sのフロントタイヤが寿命のため新品に交換しました。マルチコンパウンドタイヤに興味があったのですが、まだ後輪タイヤは残っているので、それに合わせて無印のMICHELIN Pilot Powerにすることに。でも今思うと2CTでもよかったかも…。

 調子にのってタイヤマーカーで塗り塗りしてみました→
R0014053.jpgTS3E0261.jpg
 おー、なかなかイイ感じジャマイカ。でも塗りが雑なのであまり近くで見るのは禁則事項。

 ところでミシュランのマスコットの名前はミシュランマンだと思っていたのですが、彼?にはビバンダムという立派な名前があるそうです。知ってました?



 で、早速皮むきに行きましたが、やっぱり新品タイヤは最高ですね。スポーツ向けなのでゴムも柔らかくプロファイルも理想的。だから寝かしこみが軽快でしかも安心。以前の少し偏磨耗したタイヤに比べれば、まるでバイク自体が別物になったかのような、あるいは自分が急に上手くなったかのような錯覚に陥ります。

 …寝かしこみが軽快とか偉そうなことを抜かしたけど、自分はヘタレなのでバイクを倒せないよ。なのでトレッド面のビバンダムも倒せないよ!

テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

ツルピカ

R0013574a.jpg
 バイクを水洗いした後にWAKO'S SHAKE WAX (ワコーズ シェイクワックス)を塗り込んでみました。

流れとしては、
 塗り込み用と拭き取り用の2枚のタオルを用意し施工開始。
 カウル1枚に塗り終わる頃には、塗り始めの部分が乾きますのでそこから拭き取り開始。
 右サイド・左サイド・Fフェンダーと各部位ごとに作業を進め、スムーズに終了。
と、こんな感じで、塗りのばしも拭き取りも安易で変なムラができることなく良好な作業性でした。


R0013572a.jpg
 施工の結果です。ビックリするほどにツヤツヤとまではいきませんが、フロントフェンダーに映り込んだヘッドライトのレンズカットや空中の電線までも判別可能な上質な艶が得られています。

 施工の手軽さ、扱いやすさに対してこの輝き…グゥレイトォ!!


 実は一ヶ月ほど前に同じワコーズ製の various coat (バリアスコート)を使用していたので、ワックスとケンカするかと思いましたが、特に問題なさそうです。それと艶に関してはバリアスコート<シェイクワックスでした。

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

日が暮れてしまった…

DSC_2329a.jpg

半日かけてTL1000Sをピカピカに洗車しました。

水分を飛ばすために少し走りに行きました。

虫の大群に突っ込みました。(T.T)


バイク楽しいですWWWW

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。