スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1090Tが34980円

 4/29発売予定のAMD製6コアCPU PhenomII X6 1090T Black EditionPhenomII X6 1055Tソフマップ・ドットコムにて予約受付が開始されました。動作周波数3.2GHzの1090Tが34980円、2.8GHzの1055Tが21980円とほぼ事前情報通りの低価格での販売になっています。

 一方のIntelは、先立って発売されている6コアCPU Core i7 980X Extreme Edition が流通量が少ないとはいえ、10万円超の価格にも関わらず未だ品薄状態。980Xの下位CPUであるCore i7 970は、2010年Q3に価格$562という話が、どうも出荷前倒しで近く発売されるものの、価格は10万円前後という噂も。


 現状の2.4GHz4コアのQ6600でのエンコード作業にそろそろ限界を感じている自分としては、6コアCPUというものに非常に魅力を感じているわけですが、動画編集ソフトなどの重量級アプリはインテルCPUに最適化されていたりすることも多いので、次の6コアもインテルかなと考えていますが、ここまで価格差があると正直迷いますね。まぁどちらを選択しても現状よりは随分高性能なPCになると思いますが…


 1090Tとi7 970は同じ3.2GHzの6コアCPUということになり、当然より高価なi7 970がより高性能という事は予想されますが、果たして価格差ほどの性能差があるのかというのも興味深いところです。



 自分なりにAMDでの構成を夢想すると

OSに64bit Window7 Ultimate、CPUに1090T、MBにM4A89GTD PRO/USB3、VGAにHD5770、DDR3メモリ8GB分、システムディスクに80GBSSDx2、データディスクに2TB HDD、あとは750Wぐらいの電源とBDROMドライブ

 というカンジで余裕の20万円オーバーに。むぅ結構難しいな…もっとリーズナブルな選択をすれば10万以下でも組めそうだけども、実際に組むなら「せっかくだし」の心理でこれぐらいにはなりそう。

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

いわゆるリアロケ問題?

 最近、メインPCでデータ保管用に使用しているシーゲートの1.5TBのSATA HDDであるST31500341ASが、S.M.A.R.T.エラーを吐いているらしく、OS経由で頻繁に警告を発しています。


 なんじゃらホイとHD Tuneでスマート情報を確認するとお茶吹きました。
リアロケ1
 こいつはひでぇや…

 Reallocated Sector Countの値が素晴らしいことになっています。これは代替処理済みのセクタ数を表す項目でリアロケとも呼ばれています。
 セクタとはHDD上に無数にあるデータを格納するための部屋のことでして、リアロケとは平たくいうと、HDDが仕事中にダメダメな状態になっているセクタを発見したので、そこは封鎖して予備の部屋に切り替えましたよ。という意味なのです。

 つまりはスマートの値を信じるのであれば、お前はもう死んでいる。デーレッデー


 近頃あれこれと噂を聞くSeagateのHDDにあってST31500341ASは特にダメな子のようで、去年8月にぶっ壊れたHDDもST31500341ASでしたし、今の個体も買ってから一年経たずにこの状況です。噂によるとST31500341ASのリアロケ上限は4095らしいので、もう少し観察してみます。

その後

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

最近TVは全く見ないんですがね。

 唐突に録画サーバーを組んでみたくなった。マザーボードにはデュアルコアの省電力CPU Atom 330 を搭載した玄人志向の POV-ION-MB330-1 を使用。IONプラットフォームなので動画再生の面でも多少の期待はできそう。
R0013968a.jpg
 メモリーは2GB×2の4GB。OSが32bitのWindows7なのと用途を考えると2GBで十分だと思われますが、DD2メモリを買うのもこれが最後だろうと奮発。
 録画データはメインPCで編集するということでリムーバブルケースも購入。最近はHDDを単体で直接抜き差しするケースも使っていたのですが、やはりSATAコネクタの耐久性を考えれば、頻繁にガチャコンする用途では不安残ります。なので保険の意味でもトレイにHDDを収納するタイプに回帰しました。


 マザーボードは付属品も最低限なシンプルな梱包。しかしながらインターフェースはDVI-DにHDMI、ESATA、光デジタルOUTと豊富な仕様。さらに基板裏面に Mini PCI-E まで付いています。
R0013970a.jpg
 SATA関係のコネクタが内部と外部で6個もありますが、実際に使用可能なのは4ポートのみで、4ポートのどれか一つとESATA直前のSATAポートとをSATAケーブルで接続すると外部のESATAが使用可能になるという仕様。早い話がESATAを仕様するなら内部接続のSATA機器は3つが上限。


 ケースはアプライドでオリジナルアイテムとして販売されていた 6236-A3 を使用。電源なしのお値段2980円の安物ながらもカッパー色のフロントパネルがコジャレた感じです。
画像005
 剛性や細部の仕上げについては、一部リベットのカシメが甘かったりしますが、まぁ値段にしては頑張っている印象です。


 マザーボードをケースに組み込んでみましたが、流石mini-ITX規格。超コンパクトです。
画像004
 自分は基本的にPCケースについては、作業性・耐久性・拡張性・エアフローに優れたデカくて頑丈なものを好む傾向にあります。一言で言うとフルタワーマンセーw
 しかし今回は省電力・省スペース・低発熱が売りのプラットフォームですので、安物ケースでも十分と考えてのケース選定だったのですが、どうせならもっとコンパクトなケースにすればよかったと後悔…


 配線が完了しPCIスロットにはPT1を装着しました。
R0013991a.jpg
 

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

ウィルスバスター2010

 トレンドマイクロのウィルスバスターにいつの間にか2010が出ていたので、2009からバージョンアップしました。


 アンチウィルスソフトってのは新バージョンがでると大抵の場合に、CPU負荷が減りましただの動作が軽くなりましただのメモリ占有率が減りましただのとアピールするわけですが、あまり体感出来ないほどの変化だったりすることも多いです。しかし体感できなくてもパフォーマンスが改善していればまだ良い方で、酷い場合にはアンチウィルスソフトの起動にかかる時間が激増していたり、体感できるレベルでPCの動作に悪影響があったりする場合もあります。
 なのでセキュリティーソフトの乗り換えやバージョンアップは最悪の場合地雷を踏む事も…。


 で、ウィルスバスター2010に変更しての感想ですが、ありがたいことに随分と起動が軽くなっています。自分の環境ではデスクトップが表示されて数秒後にはバスター先生も起床しています。
 起動後の負荷についてはよく分かりません。といのも64bitOSでメモリてんこ盛りのクアッドコアPCに移行してからは、ウィルス対策ソフトが起動後にPCにかける負荷を意識することがなくなったからです。たぶん Athlon XP や Pentium 4 世代のPCだと変化があるかも。Atom 搭載のネットブックもパフォーマンス的にはそれらの世代と似たようなモノだと思うので、今度Aspire oneにも2010をインストールしてみます。



 ここからは蛇足なのですが、

 自分が現在使用しているセキュリティーソフトは ウィルスバスター の3台のPCに3年間使えるエディションとソースネクストの ウイルスセキュリティZERO 3台用 の2つです。
 ゼロは購入してしまえば、以降の更新に費用が発生しないことと、売価の安さが魅力ですが、その安さ故に多少不安な印象もあるので、使用頻度の高いPCにはバスターを、低いPCにはゼロをインストールしています。

 これらを使っているのは単純に複数台のPCを所有しているために、もし仮に6台のPCにそれぞれ有効期限1年間のパッケージを使用した場合には、年6回のインストール作業が必要になり、手間的にも費用的にもやってられないからで、管理の安易さとコストを優先した結果こうなりました。

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

夏が来れば壊れだす~♪

 あれは8月に入ってすぐの頃だったでしょうか、メインPCのHDDからわずかに異音が聞こえ始めました。メインPCでは5台のHDDが稼働していたので、どのHDDからの音か特定できませんでしたが、その音はPCが無負荷の時にも聞こえていました。明らかにデフラグ時の音とも異なっており、まるでテンポの速い鹿威しのようにカコーン、カコーンと。

 明らかに尋常では無い雰囲気でしたがPCは問題なく動き、データの読み書きもいつも通り可能です。万が一に備えバックアップもそれなりに取っていたので、あまり深刻に考えずにいました。

 それから10日ほど使い続けたところ、とうとうS.M.A.R.T. エラーが検出されました。エラーを吐いたのは所有するHDDの中では最も新しく大容量のSeagateの1.5TBで、データ保存に使用していたブツ。エラーの詳細を見ようとS.M.A.R.T. 情報を取得出来るソフトを起動したところPCがフリーズ。リセットして再挑戦してもS.M.A.R.T.を取得できず。

 HDDにトドメをさす覚悟で、ダメ元のチェックディスクとフォーマットをかけようとしたのですが、チェック最終工程の50%付近でブルーバック。案の定HDDが逝ったなと落ち着き払っていたのですが、リセットしてビックリ。なんと逝ったのはOSが入っているRAID0のHDDの方。おいぃ!?
SANY0086a.jpg
 この写真を撮った後になりますが、RAID0を構成する残りのHDDにも Error Occurred 表示がでました…


 おかげで週末のツーリング計画は破棄。HDDの新規調達とPCのリカバリに時間を割くことに。メインPCのHDDの3/5がSeagateのHDDだったのですが、わずか数日でSeagateを全て撤去する羽目になるとは…


 システムHDDの不具合については、今回は予期せぬエラーに起因する論理的な障害でしょうから、どのメーカー・型番のHDDでも同じ結果になったと思われますが、あまりにも綺麗にシーゲートのHDDが全滅したので、メーカー狙い打ちのウィルスでもあるのかと思ってしまいました。^_^;


 あー!、もう!、めんどくさい!これだから夏は嫌いだ!
…って去年の8月にも同じ台詞を吐いてた気が…

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

ACアダプタの携帯性って重要よね。

 エレコムのACアダプタ用直結プラグを買いました。
R0013547a.jpg
 これはノートパソコンなどに使用されている、"電源コンセント-ケーブル-ACアダプタ-ケーブル-電子機器”という形態のACアダプタに使用する製品でして、ケーブル部分をコンパクトなこのプラグで置き換えることにより、アダプタの携帯性を向上させることが出来ます。当然置き換えたケーブルの長さ分だけ電源ラインは短くなりますが、無駄に長くて太いケーブルを持ち歩くよりは断然便利です。
R0013548a.jpg
 2PタイプはPSPに、3Pタイプはアスパイア・ワンに使用しました。


 PSPのACアダプタに使用するとこんな感じです。
DSC_2077a.jpg


 実際に使ってみると、かゆいところに手が届く実に良い製品です。特に3PタイプはAspire one使いの方にはオススメです。
 Aspire oneは内蔵バッテリーだけではすぐに電池切れになります。しかし出先での使用のために充電ケーブルを持ち歩くにはあまりにもケーブルが太くて邪魔です。なんせデスクトップPCの電源ケーブルと同じ太さですから…。ですので、このプラグを使えばカバンからあの物体を排除することが出来ます。

テーマ : モバイルライフ
ジャンル : コンピュータ

あまり変わらなかった。

メインPCのシステムHDD移行やら何やらで、かなりブログを放置してしまいました。
新システムHDDは1プラッタ500GBの Seagate Barracuda7200.12 ST3500410AS を2台調達しRAID0を構築しています。
R0013491a.jpgR0013494a.jpg
↑右の写真のように一般的なHDDよりは薄くなっています。


R0013496a.jpgR0013502a.jpg
↑このように5インチベイに納めるとなおさら薄さが際だちます。
この後HDDの配置を変更し、薄型を上下に、中央に通常の1TBを配置しました。このケースは前面に12cmFANを設置できるのですが、こうすることで発熱の多い複数プラッタの1TB HDDを一番風通しの良いFAN中央にを配置した場合でも、上下の薄型HDDに十分な空気が流れます。


410ASRAID0.jpg
↑試しに410ASでRAID0を構築した際の CrystalDiskMark によるベンチ結果ですが、数値的にはかなりのモノです。OSを入れた場合にはもう少しスコアは落ちますが。

実際にシステムを移行した感想としては、
体感的には以前の320GB/プラッタのRAID0環境と比較しての変化はほぼ有りません。
数値的には電源投入から"ようこそ"画面表示まで2~4秒程度の改善が見られます。が、誤差と言えなくも無い…。
なので、最近のHDDでRAID組んでる人が、手間をかけて移行するほどの性能向上でもないかなぁーと。




しかしながら、410ASを買ったすぐ後に後継の418ASが出現するし、データ待避用にシーゲートの1.5TBを買えば例の不具合騒動…ぐぬぬ(--#)

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

ジュノンかと思ったらめぐりねだった。

今更ながら、あけましておめでとうございます。
本年もマッタリお付き合いいただけると幸いです。




つか年末年始も仕事だったので、年が明けた気がしねーyo!部屋も片づいてねぇyo!コンチクショー。


そうそうVOCALOID2第3段「巡音ルカ」が1月30日に発売だそうで、サンプリング元は声優の浅川 悠さんとのこと。

なんと今回は英語ライブラリも付属したバイリンガルな仕様で、しかも価格は他のCVシリーズと同じ。
クリプトンのブログによると、CVシリーズの好調なセールスよる、消費者還元的な意味でも価格据え置きだそうです。

というかブログの「価格設定は、現状例外的なものと考えております。よって、今後、英語/日本語両収録ライブラリをリリースする場合の目安とはなりません。」という一文がかなり気になるわけですが…

ボーカロイドのキャラクターボーカルシリーズは3製品のリリースで終了なので、英語ライブラリも入ったボーカロイドの新シリーズ開発を示唆してるとか?それとも初音ミクと鏡音リンに英語ライブラリ同梱版がでるとか?



しかしまぁ、インターネット環境が無い友人でも初音ミクの名前は知っていたりするので、ボーカロイド(というか初音ミク?)もかなりメジャーな存在になっているんですね。(もっともその人は他キャラの存在はもちろん、初音ミクがそもそもなんなのかも知らない様でしたが。)

テーマ : Vocaloid2 初音ミク
ジャンル : コンピュータ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。