スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WD3200AAKS-00B3A0でRAID0

先日入手したWD3200AAKS-00B3A0を2台使用しRAID0を組んでみました。んでちょっとベンチマークをCrystalDiscMarkとHD tuneでとってみました。

↓画像左から
B3A単体をマザーボードのICH8に接続
B3Aを玄人志向のSATA2RI2-PCIe(SiliconImage3132チップ)に接続してRAID0。
ICH8に接続したB3Aを、Windows Vistaの"ストライプボリューム"機能を使ってRAID0を構築。
外付けハードウェアRAIDアダプターEG-SATA66RE(SiliconImage4723チップ)を使ってRAID0を構築しICH8に接続。
HDDBenchmark10a.jpg

SATA2RI2-PCIeによるRAID0は、スコアは上昇するもののRAID0のリスクを考慮した場合に、魅力的な選択肢とは言い難いですね。
WD3200AAKS-00B3A0とEG-SATA66REはモロに相性が出ているようで、Read値が大幅ダウン。これは却下です。
ストライプボリュームによるソフトウェアRAIDはさすがに速いですね。速すぎて笑えるレベルですが、OSに依存する機能ですので当然起動ドライブとしては使用できません。またソフトウェアRAIDの都合上CPUやメモリのリソースが若干ながらも圧迫されるので、PCスペックが多少必要と思われます。まぁデュアルコア世代のPCなら問題なさそう?


↓画像上から
B3A単体をICH8に
B3A単体をsil3132に
B3ARAID0をsil3132に
HDDBenchmark11.jpg

ICH8とSATA2RI2-PCIeではやはり後者のほうが効率が悪いようですね。それとSATA2RI2-PCIeでRAID0を構築すると、グラフがノコギリの歯のように波打ちます。これはWD360ADFDのRAID0でも同じでした。ウーン…

ソフトウェアRAIDとsil4723ではHD tuneは機能しなかったのでベンチとれてません。あとGIGASATA(GBB36XというかJMicronのJMB363?)でもRAID0を試してみたのですが、ベンチ画像ごとフォーマットしてしまいました。(>_<)でもなんせPCI接続なので、シーケンシャルアクセスだと単体でもすでに帯域の上限に近いので大してスコアは伸びてませんでした。GA-965P-DS3のマニュアルで確認したところPCI-Express x1接続でした。


結論としては、自分のPC環境と手持ちのPCパーツで、システム用としてRAID0でHDDを使う場合は、Barracuda 7200.11 ST3500320ASとEG-SATA66REの組み合わせが最速という結果になりそうです。
WD3200AAKS-00B3A0は単体でも十分速いのですが、それだけにRAID0にはさらなる高速を期待してしまいますので、正直手持ちのパーツで試した結果だと…、ICH9RでRAID0のほうが良い結果になるのかな?まぁSEAGATEからも320GBプラッタの製品が発売されるらしいので様子見ですかね。


しかしまぁネット通販だと1TBのHDDが2万円を切ってたり、500GBが8千円割れだったり、320GBプラッタ×2の640GBのHDDが発売されてたりと、最近は結構HDD関連の動きが激しいですね。



WD3200AAKS-00B3A0の記事
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。