FC2ブログ

2017東日本ツーリング 3日目 仙台~松島~南相馬~会津若松

朝、ホテルで目を覚ますと雨がシトシト。
しばし旅程を思案するも、妙案が浮かばず予定通り松島へ向かうことに。

松島の遊覧船の始発が9:00
仙台からの移動に1時間として8:30には到着。

そんな腹積もりで出発したのだが、現実は甘くなかった。
まだ8時にもなっていないの通勤ラッシュの様子で至る所で渋滞気味。
月曜日に雨という条件もあるのか、とにかく車だらけで牛の歩みである。

結局は高速入り口まで1時間もかかってしまった。
仙台おそるべし。


遊覧船の次発10:00には間に合いそうな時間で松島入り。
しかし、バイクはどこに駐輪すれば良いのかとウロウロしていると微妙な時間に。

おまけに雨の降り方が夕立のような勢いになってきて、なんだかちょっと白けてしまった。
土砂降りの遊覧船ってのは面白くなさそうなので、もう1便遅らせることに。


雨宿りがてら阿部蒲鉾店で笹かまぼこを焼く。
sDSC06124.jpg
そういや笹かまぼこを焼いて食べたのは初めてだ。


続けざまに『ずんだ餅』に『ずんだシェイク』。
sDSC06121.jpg
ずんだのハッピーセットやぁ~。
などとはしゃいでいたが、実際は甘みのWライダーキック。



11:00の遊覧船に乗る頃には雨は止みそうな気配。
sDSC06153.jpg
どんよりした空気感ではあるが松島観光を楽しんだ。


船上ではカモメへの餌やりは禁止されているようだが、カモメたちは時々船に近付いてくる。
sDSC06180.jpg
おそらくは食べ物が貰えたらラッキーくらいの感覚らしく、こちらにその気が無いと見るや早々に離脱していく。
その姿は空中給油をする戦闘機の様でもある。



陸に戻ればもう正午であったが、先ほど食したWずんだの存在感がいまだに圧倒的。
軽めの食事という事で『磯焼なかさと』で買い食い。

大粒の焼き牡蠣。
sDSC06211.jpg
生っぽさは無いが瑞々しいという絶妙の焼き加減で旨し。


これまた大きいサザエ。
sDSC06213.jpg
食べ応え十分。旨し。



食後は高速で南下し福島県相馬市へ。
相馬からは一般道で南相馬を目指す。

除染作業中の立て看板や、浪江方面二輪車通行禁止の看板、仮設住宅群。
広大な空地とメガソーラー、海岸線の真新しい堤防。
そして海辺で視界に入る車両がすべてダンプカー。
道中の風景には色々と思う所があった。

不自然に何も無い土地を走り抜け『かしまの一本松』へ。
陸前高田の奇跡の一本松と同じように震災による津波を生き延びた松。
sDSC06218.jpg
写真の右側が海。道路標識の曲がり方はやはりそいういう事なのだろうか。
なお、この松は2017年末に既に伐採されていて、地元住民の表札として使われるとのこと。



南相馬からは会津若松を目指し山側へ。

磐梯吾妻スカイラインを走るべく山を登っていると濃厚な硫黄臭。
むむ、これは名湯の予感!ほどなくして温泉施設群が見えてきた。
これは予定外ですが立寄らないわけにはいきません。
sDSC06222.jpg
高湯温泉 共同浴場あったか湯
シャンプーの類はございませんが、お値段なんと250円。


こちらの施設、駐輪スペースがきっちり用意されています。
sDSC06223.jpg
グレーチング対策のスタンドプレートもあり良心的。


共同浴場のすぐ脇にある源泉。
これを加温・加水なしの源泉かけ流しで引いているとのこと。
sDSC06226.jpg
洗い場は狭く、シャワーはなくカランのみですが、湯はしっかりと白濁した新鮮な湯・・・ふぅ。最高だわ。
皆さん、ここホンマモンですよ。


ヘルメット内に充満する硫黄臭に上機嫌で磐梯吾妻スカイラインを攻略。
sDSC06243.jpg
非日常的景色が楽しめる浄土平で小休止。
やはり日が暮れ始めるとかなり冷え込んできます。
しかたがないね。東北だもの。
しかし、高湯温泉パゥワーでおじさんは無敵状態なのだ!
グリヒぽちっとな。



完全に日は暮れたが無事に会津若松へ到着。
夕飯は、会津と言えば馬肉。と脳内の山岡さんが申しますので『馬力本願』へ
sDSC06249.jpg
馬骨スープに馬肉チャーシューなラーメンを提供するお店。
なお姉妹店にはトルク本願があります。嘘です(=∀=)


馬味噌ラーメンに馬刺しにバジルユッケ。ちなみに馬刺しは速攻で食べた。
sDSC06245.jpg
ラーメンは確かに豚骨でも牛骨でもないお味。かと言ってクセや臭みもなく、乙です。
会津の馬刺しは辛味噌を付けて食べるのが特徴ですな。


さらに追加で馬肉のネギチャーシュー。
sDSC06246.jpg
赤身のしっかりした噛み応えとたっぷりのネギで精が付きそう。


身体もしっかりあったまり今夜の宿『ホテル・アルファ-ワン会津若松』へ。
バイクを指定場所に止めチェックインするもまだまだ全然元気。

夜型人間パワー+馬肉パワーを持て余し、ホテルから近い『富士の湯』へ。
sIMG_20170612_230626 (1)
こちら天然温泉ながら入浴料450円のスーパー銭湯。
海外製のフレームプールを転用したような湯船があったり、浴室の壁にオーナーの友人が撮った写真がデーンと並べられていたりと、なかなか個性的な物件。

なにより驚愕するのがいかにも建て増しされた感のある竜宮御殿。
白を基調にした広い空間に、壺湯やらの個人浴槽がこれでもかと並べられています。
その光景はSF的ですらあり「えーっと・・・ここ何屋さんだったけ?」と変な笑いがでました。
お風呂好きな方はもちろん、パラダイス物件がお好きな方も是非一度。


個性あふれるお風呂に満足し、ホテルに帰って就寝。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東北の姿を見ると復興にはまだまだ時間が必要やなと思います。
特に福島の気の遠くなるような廃炉作業・・・・。

昨日は大阪でも起きたし東南海地震も懸念され、防災意識を高めておきたいもんです。

温泉三昧の旅って素敵です♪
あの辺には自炊の湯治宿もたくさんあるようなので行ってみたい。

Re: No title

> 東北の姿を見ると復興にはまだまだ時間が必要やなと思います。
> 特に福島の気の遠くなるような廃炉作業・・・・。
>
> 昨日は大阪でも起きたし東南海地震も懸念され、防災意識を高めておきたいもんです。

やはりあれだけの被害ともなれば復興は安易ではないなと改めて思いました。
そして地震は他人事にはなってくれませんので、やはり日頃の備えですよね。


> 温泉三昧の旅って素敵です♪
> あの辺には自炊の湯治宿もたくさんあるようなので行ってみたい。

日本に生まれたからには温泉に入らねば!という使命感で旅してます(笑)
湯治も良いですよね。最高の贅沢だと思うので一度やってみたいです。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
日々の寝言
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: