スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型Vストローム1000 ABS

スズキの新型V-strom1000、とうとう正式に国内投入が発表されましたね。
気になるお値段は車両本体で税込み140.4万円。
高剛性のフレームにパワフルなリッターV2エンジン
倒立サスペンション、トラクションコントロール、多機能メーター・・・
装備や車体を見ても価格相応のものですし
海外勢のアドベンチャーモデルよりコストパフォーマンスは優秀でしょう。

乗り換え候補としてかなり気になる車両ですので、大阪の試乗会にも行きました。
あっさりとした試乗ではありましたが、非常に好印象で良いバイクだと思います。

個人的な感想にすぎませんが、
アドベンチャーモデルゆえの足つきの悪さを除けばネガティブな部分は特になく、
長いめのホイールベースと軽量な車体、ストロークの長いサスペンション、
これを分厚く幅広のシートに座り、自然なライディングポジションでもって運転するわけですから、
旅バイクとしの適正は相当なものであると感じました。
おそらく高速や快走路を繋いでいけば、1日500km程度の移動は苦もなくこなせそうです。
ちなみにスタンディングも違和感のないポジションでした。


運動性に関しては、
どっしりと安定性のある車体なのに挙動が緩慢すぎるということもなく、
上体を伏せた姿勢やリーンアウトの体勢をとってやると素直に曲がってくれます。
二車線ある山道ならニンマリしながら軽快に走れることでしょう。
ただ車体が大柄で直進安定性が高いことは確かなので
スポーティーを通り越してレーシーな挙動を好む人や、
下駄バイクとしての用途には向きませんね。


自分の財布からためらいなく200万円だせるならば、試乗会の後に即注文したことでしょう。
しかし小市民たる自分としてはやはりグヌヌな価格です(笑)
比較対象がおかしいですが、スズキ四輪のハスラー GターボCVTより高価です。
なのでやはり堅実な選択としてはVストローム650となるでしょうか。

しかし、高価な1000と比べるのも酷な話ですが、
エンジン出力は十分ではあるもののやはり非力の感は否めず、
パニアケースを装備すれば横幅は100mmを超え、
パニアステーの重量もそこそこあり、
しかもパニアは車体から浮いているため運動性の低下は最小限とはいかず、
無塗装樹脂を多用した外観は安っぽい印象もなくはなく、経年劣化が心配です。


欲を言えば、Vスト650がモデルチェンジにより750ccになり、
1000と同じ一体型パニアを使える仕様となれば理想なのですが。
雑なコラですがこんな感じで↓
DL750abs.jpg


でも650の燃費が良くて航続距離も長いというのはツーリングでは非常に大きなメリットです。
妥当なエンジン出力は疲労軽減やメンテナンスコストの面で有利に働きますし、
車両価格や燃費も含めライフサイクルコストの観点からも650は非常に良い選択です。

足つきも若干1000の方が良好ですが大差はなく、乗車姿勢は極めて自然です。
1000と同様に長距離移動も楽楽こなせるでしょう。
ドラム缶を抱える様なハンドル幅にわずかな違和感がありましたが、
それもスタンディングでは驚くほどはまります。
1000よりはオフロード適正が確実にありそうで、
キャンプ場までの未舗装の道でも緊張せずに走れそうです。


コスパの高い実直な道具か、より高機能で豪華な道具か・・・
どうでも良いけど、バイク選びと炊飯器選びって似てると思いませんか?(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。