スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車用電線=AVはAVケーブルとは違うのでござる

まぎらわしいよね。

自動車に使われる電線は、通常のビニル被覆の電線と何が違うのかなと、ふと気になったわけですが、
どうも自動車用配線とは、低電圧での使用を前提とすることで小径化・軽量化した電線のようです。

とりあえず高圧回路には使うなということですね。
HIDのインバーターからバーナーの間を延長するのに向かないわけね。

残念ながら、耐候性や耐油性などの面で、通常のビニル被覆電線と違いがあるのかまではわかりませんでした。
DSC01287.jpgDSC01290.jpg



自動車用ケーブルには多種多様な種類があるようで、以下にいくつか抜粋。



AV    自動車用低圧電線ビニル被覆    耐熱80度
AVS   自動車用低圧電線ビニル被覆薄型  耐熱80度
AVSS  自動車用低圧電線ビニル被覆極薄型 耐熱80度

AVX  耐熱100度のAV
AVSSX 耐熱100度のAVSS

AEX  耐熱120度の自動車用低圧電線ポリエステル被覆
AESSX 耐熱120度の自動車用低圧電線ポリエステル被覆極薄型



ホムセンや自動車用品店で一般的に流通しているものは、エーモンのAVですね。
少しマイナーになりますが、バイク用品店でよく見るデイトナの純正色ケーブルがAVSです。
AVSやAVSSは電線がさらにスリムで軽量になるメリットがありますが、耐久性はどうでしょうね。

エンジンルーム内などの高温環境下では耐熱性の高いAVXやAEXが向くよう。
ポリエステル被覆は耐熱性が高い反面、油の付着などでビニル被覆より劣化しやすいようです。



住友電装や東日京三電線などの企業がケーブルの製造をしているようです。
エーモンのAVもどこかのOEMだと思われますが、わざわざケーブルにエーモンの名前が印刷されていて芸コマです。
DSC01279.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

リコールかも?

日野トラック8㌧車

触媒付マフラーの熱感知センサー
入り口側と出口側の2ヶ所有り

入り口側のセンサーの配線カプラから1㎝離れたとこでカッターナイフで切ったみたいに2本の内片方が断線していました

整備士の話しだと時々同じトラブルで車が持ち込まれるとの事

マフラー辺りに使われるには適さない種類の配線だとしたら

これはリコール問題になる気もします

同じトラブルの意見をお願いします

No title

コメントありがとうございます。そして返信が遅くなってすみません。
申し訳ありませんが、自分は技術士でも整備士でもない素人です。
ですので以下はただの素人考えになります。


配線が自然に切れるというトラブルは、不適切な配線方法で強い力で引っ張られていたとか、
車体や部品と接触していて振動などですり減ったなんてことが浮かびます。
あるいは配線自体が経年劣化により硬く脆くなっていたとか、
車体下部に露出している配線なら飛び石などで切断されることもあるかもしれませんね。
またマフラー周りに適さない配線というと、熱や振動に弱い配線ということになると思いますが、
いずれにせよ配線がカッターで切ったように切断されるかは疑問です。


時々同じトラブルがあるとの事なので、一度メーカーの窓口に相談してみてはどうでしょう。
メーカーが問題有りと認識すれば、何らかの対策がとられるかもしれません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。