スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR=サブマリンレスキュー

 先日和歌山港に海上自衛隊の潜水艦救難艦 ASR-403 「ちはや」 が入港し、陸上自衛隊の車両と共に一般公開されておりました。台風接近の影響でしょうか、かなりの雨が降っていましたが見学者はそこそこ来ていたみたいです。

 「ちはや」は日頃の手入れの賜物なのか、外観・内部ともにかなりキレイな状態でした。
DSC00227.jpgDSC00229.jpg
DSC00219.jpgDSC00212.jpg
 「ちはや」は沈んだ潜水艦の乗員を救助するための船という、自衛隊の中でも特殊な用途の艦艇です。大砲やミサイルの類は搭載せず、救助用の潜水艇を搭載します。
 艦橋後方は潜水艇の格納庫になっていて、その後ろの船体中央付近には潜水艇を昇降するリフトがあり、これが外観上の特徴になっています。


 艦橋は比較的広くスペースがとられていて、若い艦艇らしく液晶モニタも装備されています。
DSC00190.jpgDSC00185.jpg
 航空自衛隊もスナップオンを使っていましたが、海でもスナップオンの信頼は厚いようです。官庁納入品でも永久保証なのでしょうか?ちなみに自分の工具箱にスナップオンはひとつもありません。


 主役?の深海救難艇(DRSV)です。魚雷か航空爆弾のような形ですが、蓄電池で駆動する有人の潜水艇です。
DSC00204.jpgDSC00203.jpg
 海中にて潜水艦の脱出ハッチとドッキングし、乗員を移乗させることができます。脱出ハッチの規格は国際的なモノで他国の潜水艦の救助も出来るようです。

DSC00200.jpgDSC00192.jpg
 DRSVのスクリューと交換用のバッテリーです。



 夜間も強い雨が降っていましたが、対岸から撮影してみました。
DSC00178.jpgDSC_9156.jpg
 

 すこし話がそれますが、現在中国の軍拡が進んでいて、空母建造に象徴されるように、中国海軍も増強の一途をたどっています。そのためアジアの各国では潜水艦の増強が計画されており、オーストラリアや韓国では潜水艦の保有数をそれぞれ現状の2倍である12隻と18隻にする計画まで出ているようです。

 日本も、現状で教育用2隻を含む18隻の潜水艦を運用しているけれど、建艦ペースはそのままに退役を延ばすことで、合計20隻以上の体制に増強し、それらに対応するようです。

 しかし潜水艦の数を増やすとなると、潜水艦救難艦が2隻だけってのもどうかと思ったり。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。