スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザクティをバイクにマウントするべ その1

 サンヨー Xacti DMX-CG10というムービーデジカメをせっかく買ったので、車載動画でも撮ってみるべよとか思いまして、まずはマウントステー作成の巻。

 ホームセンターで適当に汎用ステーを購入します。厚みのわりに安価な写真のモノを購入。1本200~300円ぐらい。
R0013584b.jpg
店頭在庫の関係で黒とシルバーが混在しているので後ほど黒にペイントしました。
 

 CG10は重心が高くグリップを握って人差し指ぐらいの位置に重心があります。また重心と三脚穴が離れていることから、震動源である車体に固定した際には車体の重心からも遠くなり、さらにブレが増幅されると予想されます。なのでマウント状態での重心を少しでも低くするために倒立マウントとし、さらに上下から挟み込むかたちで固定することにしました。
R0013585a.jpg
こういうカンジで組み合わせてバイクのミラーベースと共締めの方向で。


 TL1000Sの左右のミラーマウント部分は正面から見るとハの字に傾斜しているため、それに合わせてカメラを垂直に固定できるようにステーを適当に曲げます。
R0013581b.jpg
曲げるステーと同等かそれ以上の厚みor強度のステーでガッチリとサンドイッチして万力に固定し、じんわり曲げます。こうすれば見かけ上で一番薄い所が曲がるので、その他の部分は平面を保つことが出来ます。


 お次は文明の利器、セメダイン スーパーX2で色々接着します。
R0013593a.jpg

 まずはカメラの三脚穴付近と接触するステーの部分にゴムシートを接着し、カメラとのグリップを増やします。
R0013591a.jpg

 ミラーベースと共締めする際にカウルとマウントステーが接触する部分にもゴムを貼り、カウルを保護します。
R0013603a.jpg

 汎用ステーを連結するボルトの頭がカメラを傷つけないように、またマウントステーとカメラの隙間を埋めて強くカメラを固定できるように、弾力性の強いゴム系スポンジと伸縮性の高いスポンジの2種を貼り合わせて使用してみました。
R0013595a.jpg
ステーの、カメラの上部を押さえる部分にもゴム系スポンジを貼り保持力を高めています。

 んでまぁとりあえずこんなカンジで仕上がりました。
R0013610a.jpg


Xacti DMX-CG10に関する記事
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バイク動画!
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。