スキャナの清掃に挑戦

キヤノンのCanoScan5000Fをメインに使っているのですが、このごろスキャナのガラス面裏側にホコリが付着し、スキャン画像に盛大にゴミが入るのでこれを排除すべく分解してみました。

精密機械なのでヘタに分解すると壊してしまう可能性も有りますが、保証期間もとっくに過ぎているし、まぁ最悪壊してしまったらx64 Vista対応のスキャナに買い換えちゃえ、ってなノリで分解。

まずはスキャナのセンサー部の稼働をロックしてから作業開始。
DSC_1272a.jpgスキャナからケーブルを外し単体の状態にして、カバーを真上に引っこ抜きます。
DSC_1271a.jpg黄○部分に隠されたネジを取り外し、赤○のあたりを持ち上げてみるとガラス台を外す事が出来ました。強引に外すと壊れそうですが。
DSC_1262a.jpgDSC_1268a.jpgガラス台と言いながらも実際は樹脂ですが、取り外したガラス台の裏側に付いているホコリを、ブロワーで大まかに吹き飛ばして、残った小さなホコリはメガネ拭きで拭き取りました。


後は元通りに組み直して終了です。
テストスキャンをしたところ、組み直している最中にも、若干ながらも新しくホコリが付着してしまったらしく、完璧にクリアなスキャン結果を得ることは出来ませんでしたが、以前に比べれば随分とましになりました。

しかしスキャナの構造上ホコリの進入は完全には防げないので、そのうち内部にまたホコリが付着するでしょうから、スキャナを使用しないときは出来るだけカバーを掛けて置いたほうが良さそうです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: