Vストミーティング2017 復路編

蛇足ではあるけれど、Vストロームミーティングに参加したその前後の走行記。



PM 2:00 盛況のうちにミーティングが終了。

しばらく適当にVスト集団の後ろを走っていたが、前方の650はよく見ると札幌ナンバー。
たぶん例の“遠くから来たで賞”の札幌さんですな。色々すげえな。


さて、去年はスズキ歴史館に立ち寄ったので、今年は“エアーパーク 航空自衛隊浜松広報館”へ寄り道。
エアーパーク、公園と名乗っているだけあってライト層や子供連れも楽しめそうな施設です。
DSC06486a.jpg
広報館正面に鎮座するナイキミサイル。
古いものだが勝利の女神ニケにあやかったネーミングと、直線基調のデザインがなかなかカッコよい。

格納庫には主に退役した航空機が展示されており、一部はコックピットに座ることが可能。
奥には初代と2代目のブルーインパルス機も展示されていて、これも搭乗可能。
DSC06448a.jpg
他にも全天周シアターや本格的なフライトシミュレーターもあるのだけれど、
閉館が4時なので受付時間やら時間配分を考えれば余裕をもっての入館が良さそう。



PM 4:00 浜松を満喫したので帰路へ。

途中、高速道路のSAでけったいなアイスを発見。
DSC06487a.jpg
クレープと言うには微妙なねっちょりとした食感・・・
見た目が過熱前の春巻きなので、油でさっと揚げると10倍くらい旨くなるかも(笑)



PM 7:30 奈良の五条まで到達。

心配していた名古屋周辺の渋滞もなく、時間の余裕ができたので御所市の“かもきみの湯”へ立ち寄る。
DSC06488a.jpg
設備は広く綺麗で温泉もなかなか良い。
やたら駐車場や館内が広いあたり公営の施設なのだろうか?

同施設内の食事処で夕食も済ませた。
DSC06490a.jpg
茶ソバかと思ったが、茶麺という奈良のご当地メニューの模様。
フム、初めて食べるが弾力の強いツルっとした麺で、冷よりは温の方が相性がよさそう。



PM: 10:00 無事帰宅。
色々とトラブルもあったが前回ほどの疲労感は無かった。
往路での仮眠と、24時間で3回の温泉入浴が効いた様だ。
といっても疲れていないわけではないので速攻で就寝した。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

Vストミーティング2017 往路編

蛇足ではあるけれど,Vストロームミーティングに参加したその前後の走行記。


当初の予定としては、ミーティング参加にあたり、
前日の22時に自宅を出発し、四日市の健康ランドで5時間の仮眠をキメる。
という余裕ある工程を組んでいた。

これは概算で往復9時間、距離にして650kmを単日でこなすと翌日の仕事が非常にキツイ。
せめて往路だけでも二分割すれば、多少は楽だったかも。
という去年のミーティング参加で得た教訓を活かしてのことである。


んだけど、まあ案の定ですよね~。
土曜日の業務量が狙いすましたよう強烈なもので・・・神様なんておらんかったんや。
ヒーヒー言いながら仕事してたら出発が0時になっちゃた。(ヽ''ω`)



まあ、この季節、夜に走るのも乙なものよ。
日中よりは遥かに快適な空気にそんな強がりを言いながら出発。

しかし高速に乗るなりバイクにクラッチ滑りのような症状が出て大ピンチに。
3000rpmからアクセルを開けると速度が上がらずタコメータの針だけがムニッと動く。


いや~まいったね。これはあれだ。
直近の休日にクラッチ/ブレーキレバーの分解整備をしたのだが、
その時マヌケにもクラッチレバーの組付けをミスったに違いない。
レバーとプッシュロッドが噛み合わず強制半クラになっているのだろう。

そろりそろりと走っていた街中ではあまり違和感もなく気づかなかった・・・
しかし、まさかこのままクラッチ板が焼けるまで走るわけにもいかないし・・・


で、クラッチが滑らない低回転域でなんとか70km/hまで車速を乗せて次のICでエスケープ。
まあ出発が遅れたのが幸いして、車に追いつかれる機会もなく。

コンビニの駐車場にお邪魔してクラッチレバーをちょちょいと分解して組みなおす。
んで再びの出発。今度は絶好調。・・・たぶん。



30分ぐらいロスったかな。まあ時間はまだまだ余裕。

京奈和自動車道に乗り入れると、鈍足なトラックも見当たらず快走。
しかしながら、お次は身体に違和感が。
暗闇の中ミラーをよく見ると、風に踊るマントのようなシルエット。

ん?誰か後ろに乗せてったっけ?・・・んなわけないわな。
あー、これはあれだ。ウィンドブレーカーのファスナーが壊れやがったのか。
道の駅へ退避して40秒で復帰。やになっちゃう。



その後、スムーズに郡山へ到達。
先月に京奈和道が延伸されたが、深夜は特にその恩恵が大きい。

京奈和から郡山下ツ道JCTで西名阪へ。
大型トラックの後ろにくっ付いてETCゲート通ったら大阪方面にご案内~。
ってアカンがな!行くべきは天理方面ですがな!

ゲート通過後にルート分岐するタイプかと思ったら違ったらしい。
とほほ。ま、まあ、まだまだ余裕だし。



若干の時間と資金をロスしつつ西名阪に復帰し名阪国道へ。
名阪国道は基本的に山中を走っている。照明もあまり無いので深夜はかなり暗い。
淡々と走るしかないけど、こういう雰囲気も嫌いじゃない。

そんな感慨にふけっていると後方から2ストのチャンバー音。
近づいてくるシルエットはレーサーレプリカ。
こんな深夜に走り屋かしら?
なかなかのスピードで追い抜いていくが、その後ろ姿にはピンクナンバー。
あれ?



そんなこんなでようやっと東名阪へたどり着き四日市へ。

AM 3:00 いまや希少になりつつある健康ランドの「ユーユー・カイカン」へ到着。
DSC06406a.jpg
と、駐車場にはYZF1000R サンダーエースが止まっていた。
実物を見るのは初めて妙に感動してしまった。


受付で料金を支払い、そそくさと浴場へ。
流石にこの時間はほぼ貸し切り状態。お風呂のバイキングやー。
源泉かけ流しの浴槽や薬湯もあり、露天風呂も広くなかなか良い湯であった。
この手の施設には珍しい飲泉場もあって俺に良し。


AM 4:00にレストルームへ。
仮眠室の外の廊下で寝ている人がいて、ちょっと嫌な予感。
もしや満員!?と思いきや、室内になかなか豪快なイビキの御仁がおられた。
あ、しまった。耳栓持ってくるの忘れた・・・

んでまあ、なかなか寝付けずにいたものの何とか仮眠をとる。


AM 6:00 なんだか騒がしい。
屋外から犬の鳴き声が聞こえる。しかもやたら頭数が多い。
あとで知ったが、その日は敷地内でドッグショーがあったらしい。


AM 7:00 起床。いや、とっくに起きてたけどさ。
眠気覚ましの朝風呂へ。


AM 8:00 Vストロームミーティングに向けて出発。
DSC06408a.jpg
といっても四日市からだと2時間弱の工程なので気楽なもの。
昨日のトラブル続きが嘘の様に何事もなく会場入りを果たした。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

Vストロームミーティング2017に参加しました。

いやあ、一週間というのは本当に早いものですね。
Vストロームミーティング2017 3rd Meeting in HAMAMATSU
集結したVストは557台と、去年より126台の増加となったようです。


ってことで先週9月3日の日曜日は静岡県浜松市のスズキ本社に行っておりました。

イベント当日の朝、浜松方面に走っていると、見かけるバイクの8~9割がV-Strom。
普段の感覚的には600km/1台ぐらいの遭遇率なので、もはや怪奇現象に近いです。
浜名湖SAの駐輪場に至ってはV-Stromだけで満車になっておりました。


そして会場に到着すると、既に大量のV-Stromが駐輪場に。
新デザインの2017年式や新型250もちらほら見受けられます。
DSC06409a.jpg
駐輪場を徘徊すると、なかなか個性のある車両が多数でした。
推定100リットルのクーラーボックス?を積んでいる車両がいて驚愕しました。



さて、とりあえず受付でアンケート用紙と引き換えにステッカーとドリンク引換券をゲット。
入場無料のイベントなのに飲み物まで頂ける事にいささか恐縮です。

流れるように物販に向かいましたが既に200人オーバーの行列。
限定タオルが早々に売り切れたのでTシャツと湯飲みを購入。


お次は一息入れるべく、キッチンカーで購入した焼きそばと唐揚げで朝ごはん。
DSC06415a.jpg
朝に食べる唐揚げってなんだか特別だよね。


「日本一周70歳編」に使用される賀曽利氏のV-Strom250。
DSC06417a.jpg
250についてはスズキの中の人曰く、
「自信作」「エンジンも頑丈」「とにかく乗ればわかる」
とのことなので興味のある方はぜひ試乗してみてください。



そうこうしている内に開会時刻。

今年の開会宣言はなんとスズキの鈴木俊宏社長。
ネガティブな意見もぶつけてね。的な事を述べられていた。
さすが大会社の社長は器がでかい。そして眉毛が修氏にそっくり。


トークショーで今年もヘルメットホルダー攻撃を受けるスズキ開発陣(笑)
DSC06423a.jpg
テスト目的でSVのエンジンを積んだVスト650が存在したとの興味深い情報も。


賀曽利氏はつい先日に御年70歳に。ってことでサプライズで花束贈呈。
賀曽利氏は最近スマホを持ち、日本一周70才編のTwitterを始めたとのだとか。
DSC06424a.jpg
相変わらず元気な氏曰く「バイクは健康器具。」「バイクは60代からがおもしろい。」


昼ごはんの浜松餃子とポテト。
DSC06427a.jpg
ポテトのボリュームと格闘している間にジャンケン大会が終了してしまった・・・


最後に集合写真を撮って解散。

駐輪場出口では恒例のお見送り。
社員さんに加え、スズキ二輪・濱本社長とスズキ株式会社・鈴木社長というW社長の布陣。
賀曽利さんからは満面の笑みで「気を付けて!」と声をかけていただき、感動の帰路となりました。


関係者のみなさま、今年も大変お世話になりました。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: