スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作チェーンオイラー

ロングなホイールベースとサスストロークで楽々ツアラーなVストさんですが、
それ故のデメリットというのも有るわけで…、
その一つはチェーンのコマ数が多くてメンテナンスが大変って事なんですよ。

まあ、マメな性格の人だと問題にならんのでしょうが、
あいにく自分、とっても雑な人間です!キリッ!

だもんでなるべく清掃サボってチェーンルブを適宜に注油。
  →ルブがヘドロのように堆積して清掃がより億劫に。
ならばと4ストオイルの注油に切り替えてヘドロの堆積を回避。
  →オイル切れが早いのに頻繁に注油せずにチェーンが錆びる。
というろくでもない事になってました。過去のバイクでは。

ということで過去を表面的に反省し、試験的にチェーンオイラーを設置してみました。
自動注油装置といえば高価なスコットオイラーか、入手に難のあるTUTOROチェーンオイラーなのですが、
今回は重力式を自作し安価にいこうという作戦。
oiler00.jpg
材料はアクアリウム用品の流用で、二方コックと一方コック、エア調節バルブを使用。
これらを内径4mmのシリコンチューブで接続しています。


二方コックの一端をオイルタンクに接続。
タンクは60ccのボトルの底に針で空気穴を開け、車体に倒立で固定してみました。
oiler02.jpg
コックもう一端のチューブはオイル充填口兼空気穴としてタンクより高所へ。
オイルタンクにはBOLL社のチェーンソーオイルを入れてます。


エア調整バルブ上流の一方コックで給油のON/OFFを切り替え、
調整バルブでオイル滴下量をコントロールします。
oiler01.jpg
バルブの回転量が全く視認出来ないので、全閉位置にマーカーで着色してあります。
チューブ類の固定はタイラップとエーモンの配線チューブホルダーを使ってみました。
しかし、この配線チューブホルダーの両面テープは非常に軟弱なので、
3Mの屋外用強力両面テープに換装しています。


シリコンチューブはスイングアームの側面から下面に回りこませます。
oiler03.jpg
オイラーの先端部品ですが、最悪チェーンに巻き込まれることを想定して樹脂パイプにしました。
そして脱落しても気が付き易いように、タミヤの蛍光カラーアンテナパイプを使っています。
ラジコンのアンテナを保護するパーツですが、柔軟かつ形状保持が可能で、おそらく耐油性もあります。


写真の角度だとオイルがチェーンの外側を落下していく様に思われますが、
チェーンもスプロケットもオイルでヌメってます。
oiler04.jpg



実はオイラーを設置して既に3ヶ月近く使っているのですが、
問題点もあり完成度としては65点といったところです。

例えばチューブに混入した空気がなかなか抜けないとかね。
oiler05.jpg
ここはスイングアームの上下動を逃がすために弛みを作っているのですが、
特にここに空気をかむと厄介で、オイルが最後まで調子よく抜けない。
まあ、調整バルブをワイドオープンすれば解決するんだけども…

しかし調整バルブをワイドオープンにすると、今度はこうなるわけで…↓
oiler06.jpg
画像のコントラストを調整して見易くしていますが、
タイヤ側面にオイルが飛散した痕跡がそこそこあります。
当然ドライブスプロケット周辺やナンバー裏がベタベタに。


必要最小限な量のオイルが継続的に供給されるのが理想なんだけど、
考えてみれば気温によってもオイルの流動性が変化するわけで、
それに合わせて適宜に流量をコントロールするというのがかなり難しい。

もしかしてチェーンが乾かないように少量を継続注油するのではなく、
チェーンが乾きそうなタイミングで多めに注油するという断続的運用の方が良いのかも。
スポンサーサイト

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

ハンドルカバー装着!

はい。
Vストだと気温一桁のツーリングも余裕!とか言ってた人がいましたね。
でも足先と手先はやっぱり寒いんですよ!冬だもの!

特に指先はですね、アルミのレバーがですね、グローブ越しとはいえですね、
チキショウ!この体温泥棒め!ってカンジでして、
ええ、SWのハンドガード付けてるんで幾分かマシなんですけど、
なにぶん基礎代謝の下がった中年としては、OH!COOL!てなもんでして…
…だったら付けちゃえば!?中年だもの~!


ということでハンドルカバーを購入ですよ。
ラフ&ロード 防寒 防風 HOT ハンドウォーマー RR5917
ナックルガードごとカバーできると評判のにくい奴。
hankaba07.jpg
すごく…大きいです。


正面からの見た目はなんだかファンシー?
Vストの鳥っぽい顔のせいで、なんだか手羽のように見える。
hankaba00.jpg


ハンドルをフルロック。
タンクバックを付けると干渉しそう。
hankaba04.jpg


アクセル側の取付部。
hankaba02.jpg

クラッチ側の取付部。
hankaba01.jpg
両方取り付けても5分程度の作業。
ABCDの4枚のフラップは最終的にCDがキッチリ止まればABは適当でも良さげ。
ミラー付近の切り込みが後2cm深ければ完璧にフィットしそう。
雨天走行ではどうなるだろうか?


ハンカバの内部はスイッチボックスの下側と接触ぎみ。
状況によってはセルボタンやクラクションが予期せず作動する事があるかも?
hankaba05.jpg
開口部は広くとられているので手の抜き差しはスムーズ。
でもハンカバの固い感触に違和感がすごい。慣れるか?


ワイヤーが多いアクセル側は特に隙間が大きい。
隙間風が気になるようなら対策を考えるとしよう。
hankaba03.jpg

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

走り初め2015

昼御飯を食べながら何気なく空を眺めてみたらめっちゃ良い天気。
新春初ツーリングという事で生石高原までVストでプチツーしてきました。

しかしバイクで走りだしエンジンが温もってきた頃に一転して曇り空。
なぜいつもこうなのか…

めげずに生石の南側から登りましたが、
雪解け水で路面がベシャベシャで、バイクの下側はドロドロ。
季節柄、道路には多量の塩カルが撒かれていたはず…

身体がそこはかとなく冷えてきた頃に生石高原到着。
oisi01.jpg
売店の人以外に誰も居ねー。


Vストの路面凍結警告灯が点灯しているのを初めて見ました。
2℃だからね。仕方がないね。
oisi02.jpg
ちなみ直前の走行時は1℃でしたので、ちょっとだけ車体の熱に影響をうけるのかも。


しかしVストに路面凍結警告灯が装備されている理由がよく分かりましたよ。
Vストの優秀なウィンドプロテクションと衣類のレイヤード。それと体脂肪。
これらが組み合わされば一桁の気温でもツーリングは余裕!
故にライダーが路面凍結の危険に気付かないかもしれない!
なればインジケータを付けよう!
そういうことですね!スズキさん!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。