スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V-Strom1000ABSの用品 まとめの様なもの

新型DL1000  V-Strom1000ABSは欧州では半年ほど早く発売されているため
カスタムパーツの開発もある程度進んでいるようで、製品が充実しつつありますね。
調べてみたものをまとめてみました。

まずは日本公式のスズキ純正オプション
海外バイク用品の通販サイトであるユーロダイレクト。

みんな大好きGIVI社の製品ページです
1000にジビのトップケースを装着するには SRA3105 もしくは SR3105 が必要になるようです。

HEPCO&BECKER社日本代理店の製品ページ
ヘプコ&ベッカーのエンジンガードとタンクダードはオリジナリティがありますね。
それに日本人にはありがたいローダウンキットがあります。

そしてSW-MOTECH社の製品ページ
SWモテックの注目製品はクイックロックGPSマウントサイドスタンドフットですね。



さらにこちらはケースメーカーのシャード(シャッド?)社のプロモです。

そしてSHADの製品ページ



こちらはカスタムパーツメーカーのツラーテック社のプロモです。

Touratechの製品ページは見つかりませんでしたが特集記事の様なものがありますね。
7/29追記ツラーテックジャパンでも取り扱いが始まっているようです。
強度の高そうなスキッドプレートとステンレスのクラッシュバーが特徴的ですね。

R&G社からも色々とリリースされています。
腐食に強いステンレスのラジエターガードが魅力的。

オーストラリアのスズキ純正オプションには例のオリジナルステッカーが有ります。
7/29追記EU圏ではオーストリアのスズキでもデカールの取り扱いがあります。
残念ながら日本のスズキに発注しても取り扱いがないようですが、
それぞれのパーツナンバーは下記のようになっております。

サイドのステッカーは Part No: 990D0-31J07-PAD
クチバシのステッカーは Part No: 990D0-31J06-PAD
ロゴ入りタンクパッドは  Part No: 990D0-31JTP
スポンサーサイト

悶々

休日にTL1000Sをセッセと細部まで洗車していたのですが
各部のゴムパーツに細かいひび割れがあったり
ホイールの塗装に劣化が見られたり
リアサスからオイルが漏れていたりと
2000年式の車体ともなるとやはり各部の劣化も目につく様になってきました。

今年の夏に車検ということもあり色々と悩ましく
バイクをいっそのこと買い換えるべきか
あるいはその資金をTLの整備とカスタムに充当すべきか
あまり車検期日まで時間はありませんが迷っています。


TLのリフレッシュを選んだ場合には

各部の整備とグリスアップやホース類の交換
フロントサスをオクムラチューン
リアサスをオーリンズかウィルバースへ換装
前後ホイールを安めのアルミ鍛造ホイールへ
ブレーキホースをメッシュホースに
T-REVなどのクランクケース内圧コントロールバルブを装着

等々でおよそ50~60万円ほどの予算が必要になります。
大型バイクの新車を買うより安くつきますし
おそらくは別物のバイクと言えるほどのポテンシャルを獲得できます。
現状でも楽しいバイクですが、さらに楽しく峠などを走れるとすれば、これは魅力のある選択肢です。

TLにはなんだかんだで愛着もありますし、おもしろくて飽きないバイクです。
それに遅まきながら、最近ようやくTLの転がし方もわかってきたように思います。
わかってきたというよりも、変なクセが付いたと言う方が正しいのかも知れませんが(笑)

しかし自身の体力と筋力の低下は、明らかな問題なのです。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。