スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SR=サブマリンレスキュー

 先日和歌山港に海上自衛隊の潜水艦救難艦 ASR-403 「ちはや」 が入港し、陸上自衛隊の車両と共に一般公開されておりました。台風接近の影響でしょうか、かなりの雨が降っていましたが見学者はそこそこ来ていたみたいです。

 「ちはや」は日頃の手入れの賜物なのか、外観・内部ともにかなりキレイな状態でした。
DSC00227.jpgDSC00229.jpg
DSC00219.jpgDSC00212.jpg
 「ちはや」は沈んだ潜水艦の乗員を救助するための船という、自衛隊の中でも特殊な用途の艦艇です。大砲やミサイルの類は搭載せず、救助用の潜水艇を搭載します。
 艦橋後方は潜水艇の格納庫になっていて、その後ろの船体中央付近には潜水艇を昇降するリフトがあり、これが外観上の特徴になっています。


 艦橋は比較的広くスペースがとられていて、若い艦艇らしく液晶モニタも装備されています。
DSC00190.jpgDSC00185.jpg
 航空自衛隊もスナップオンを使っていましたが、海でもスナップオンの信頼は厚いようです。官庁納入品でも永久保証なのでしょうか?ちなみに自分の工具箱にスナップオンはひとつもありません。


 主役?の深海救難艇(DRSV)です。魚雷か航空爆弾のような形ですが、蓄電池で駆動する有人の潜水艇です。
DSC00204.jpgDSC00203.jpg
 海中にて潜水艦の脱出ハッチとドッキングし、乗員を移乗させることができます。脱出ハッチの規格は国際的なモノで他国の潜水艦の救助も出来るようです。

DSC00200.jpgDSC00192.jpg
 DRSVのスクリューと交換用のバッテリーです。



 夜間も強い雨が降っていましたが、対岸から撮影してみました。
DSC00178.jpgDSC_9156.jpg
 

 すこし話がそれますが、現在中国の軍拡が進んでいて、空母建造に象徴されるように、中国海軍も増強の一途をたどっています。そのためアジアの各国では潜水艦の増強が計画されており、オーストラリアや韓国では潜水艦の保有数をそれぞれ現状の2倍である12隻と18隻にする計画まで出ているようです。

 日本も、現状で教育用2隻を含む18隻の潜水艦を運用しているけれど、建艦ペースはそのままに退役を延ばすことで、合計20隻以上の体制に増強し、それらに対応するようです。

 しかし潜水艦の数を増やすとなると、潜水艦救難艦が2隻だけってのもどうかと思ったり。
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

非常信号灯

 バイクに積んでおくために、電池駆動のLED非常信号灯を買いました。屋外保管のバイクだと発煙筒は湿気りそうだしね。
DSC00142.jpg
 底面にマグネット、防滴構造、液漏れし難いマンガン電池を使用、20時間点滅という仕様。



 クリックで発光イメージ↓実際の点滅間隔は2倍ぐらい早くて、若干不快なかんじです。
非常信号灯
  カメラの補正で明暗がおかしいですが、発煙筒に比べれば光はかなり弱いです。でも夜間なら十分後続車へアピールできると思います。もちろん使う機会は無い方が良いわけですがね。

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

バイクと5ボルト

バイクでPSPナビやザクティを使用するために、外部電源用のシガソケ→USBアダプタ→EIAJ#2という配線を常設したのが去年の話

 それから少ししてやはりPSPは、画面サイズの割に本体がデカイ、幅広い層からの盗難対象に成り得る、落としたり濡らしたりで故障すると悲しい、という結論に至り、壊れても諦めのつくであろう "ちょいNAVI  AK-CND333" なる安物のポータブルナビを購入することに。

 でこのナビは外部からの給電にミニUSB端子を使用していて、過日導入したモトGPSレーダーもミニUSBからの給電。
DSC00153.jpg


 しかし使用する5V機器の給電端子の規格に合わせて、配線を引き直すのもあまりに面倒。でも、ケーブル両端を汎用性の高いUSB端子とする初期状態に戻すのも、給電だけが目的であれば、あの幅広な端子も太いケーブルも邪魔に思える。なので既に配線に使用しているEIAJ#2コネクタを有効活用することに。

 
 といってもEIAJ#2のメスコネクタと、100円ショップのミニUSBケーブルを用意して、ぶった切ってくっ付けるだけ。EIAJ#2プラグに対応する変換ケーブルを作って、EIAJ#2を汎用化しようってワケですよ。
DSC00158.jpg
DSC00157.jpgDSC00156.jpg
 噂では安物はケーブルの色を無視して結線している製品も有るそうですが、セリアで今回買ったミニUSBケーブルは、ちゃんと赤がプラス黒がマイナスになってました。


 変換ケーブルの作成は、ハンダ付けとかちょっと面倒だけど、完成したものを実際に使ってみると、USBコネクタ同士よりも、EIAJ#2コネクタ同士の方が小気味よく抜き差しできて好印象。しかも使用する機器から少し離れたところでクイックリリース的にケーブルを脱着できるので、予想外に使いやすい。これはなかなかイイ。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

バイク用レーダー探知機、モトGPSレーダー

 以前に車用のレー探を改造してバイクに使用していましたが、とうとう液晶部分が故障したため、機材を更新しました。スクリーン内への設置とはいえ、なんの防水加工もしていない状態かつ屋外保管での一年超ですので、よくもったと言えます。


 新機材となるのは、デイトナとコムテックがコラボした製品、MOTO GPS RADARです。GPSは当然として防水、バッテリー内蔵、bluetoothによる音声送信、さらにはデータ更新無料、そして控えめな実売価格。なかなかに訴求力のある製品だと思います。
DSC_9116.jpg

 角のないフラットでシンプルな外観。裏面には固定用のネジ穴とスピーカー。
DSC_9117.jpgDSC_9120.jpg

 USBとモノラルジャックにはゴツめの防水カバー。
DSC_9118.jpg

 GPS感度は非常に良好で、タンクバッグのサイドポケットに縦置きで収納していても十分使用できます。一度衛星を補足してしまえば、休憩で電源を落としても、再びの電源オンで即座に衛星を捕まえました。

 ちなみにバイクにイグニッション連動のシガーソケットを設置していて、そこからシガーソケットUSBアダプタ経由でレーダーに給電していれば、エンジンのON-OFFにレーダーが自動で連動してくれます。これは素晴らしい。

 ポータブルナビにも防水、Bluetooth、電源連動な製品があればいいのに。

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

ビーコム買ってみた。インプレ的な何か

 サインハウスのB+COM SB213.EVOを導入してみた。せっかくなので限定カラーの白色で。オレのペアリングはエボリューションだ!

 オートバイ用で、携帯電話とペアリング出来るbluetooth対応のインカムはいくつか有るのだけれど、そもそもバイクヘルメット用ブルートゥースインカムなんてジャンルは歴史が浅く、いまだ発展途上の状態。各製品に長所や短所があって個性的ではあるのだけれど、決定的な製品というとなかなか難しい。

 で、多少高価であるという点を除けば、SB213EVOは今のところ最新の製品だけあって防水性や駆動時間、充電の利便性などの点でよく出来ていると思う。

 というか先日、デイトナのMOTO GPS レーダーを購入した自分にとっては、選択肢は自動的に絞られてしまうわけですな。このレーダー探知機は警報音声をbluetoothで送信出来るのだけれど、そのプロファイルがHFPなのですよ。で携帯電話もHFPプロファイルを使用している。つまりこの2台を同時にペアリングするには、HFPのチャンネルを複数持っているインカムが必要なわけで、つまりSB213かSB213EVO。どうせ買うなら進化した後継製品のEVOでしょうということに。


 そして注文した商品が届いてビックリ。商品イメージが印刷された箱の中に、さらに立派な箱↓が入っておりました。
DSC00126.jpg
 ゴディバ路線?インカムユーザーはこういうの求めるかなぁ?

DSC00052.jpg
 クリップ付きのベースでFF-5Vに固定してみた。メットとベースの曲率が合わないので、付属の分厚いほうのクッションを間に挟むことにしたけれど、これがなかなかに難しい作業。クリップの位置に合わせてクッションを三分割して貼るほうが良かったかも。

DSC00041.jpgDSC00044.jpg
 マイクは少しオフセットして取り付け。付属の粘着シートではFF-5Vとの相性が悪かったので、強力両面テープにて固定。スピーカーは固定していないけれど、チークパッドで押さえられているので問題なさそう。


 ビーコムの固定は、あまり細かく考えなければ、それほど時間もかからず難しくもなくといった印象。

 とりあえず実際にツーリングで使用しての感想は、スピーカーの音質音量、本体の稼働時間は問題無し。操作性は夏用グローブでは普通、冬用グローブだと少し厳しいかも。当然だがメット左側での風切り音が少し音量UP。相手機器によってはペアリングが不安定だったり、走行中は気にならない程度のノイズが入る。オーディオ再生中に携帯やレーダーの割り込みがあると、その後オーディオに復帰しない場合も。

 bluetoothのように汎用性のある規格では対応機器が無数にあり、その全てで完璧な動作を求めるのは酷なのですが、やはり相性の出る機器もあるようですね。それでもやはり便利なことに変わりはなく、満足度の高い装備でした。

 少し困ったのは本機のリダイアル機能でして、EVO側面のボタンを2連打で携帯電話がリダイアル動作を行うのですが、ヘルメットの脱着や収納で側面ボタンが押され、意図しない発信を行うことがありました。上司に休日早朝のモーニングコールとか…。

 リダイアルをする予定がなければ、あらかじめ00000などの存在しない電話番号に発信してリダイアル殺しを。あるいは気象庁の天気予報に発信しておくのも良いかも。



 ところで、何回目かに本体をベースから取り外した時の事ですが、まるでキヤノンプリンタのインクを開封するときのような、パキっという心地良い感触が。


DSC00040.jpg
ん?
DSC00049.jpg
アイヤー!なんてこったい!


DSC00054.jpg
もしかして外すときちょっとコジッちゃった?

 ツメ自体はネジ止めで交換可能なつくりに見えるけど、この固定は強度的にどうなんだろ?あえて強度落として本体の破損を防ぐ狙いかな?

 でもツーリング直前の出来事だったので、修理に出す時間もなく、結局は接着剤のスーパーXをネジ穴に詰めて接着しちゃいました。セルフ修理したから保証が効かなくなるんだろうなコレ。

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。