スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因不明の再起動

知人よりPCトラブルのヘルプがきたので出張修理してきました。

症状はPCが頻繁にフリーズする。そしてたまに突然リセットがかかるとのこと。モノはショップブランドのPCでOSはWindows XP HomeEditionでした。

Windowsの起動中にフリーズする場合はシステムファイルの損傷やドライブ類の構成を疑うのですが、今回の場合はフリーズするタイミングが、起動直後だったり、その後の操作中であったりと一定ではないのでハード的な不具合のようでした。

実は以前安物の延長ケーブルの差し込み口がユルユルで、PCが再起動しまくるということがあったので、原因は電源周りだと思っていたのですが…


とりあえずはケース内とケース外の各ケーブルの緩みをチェックし、冷却FANの回転も確認。
  →各部に問題は見られなかったが、やはりフリーズする。

BIOSのHardwareMonitorでCPUの温度チェック。
  →正常なのでCPUクーラーの緩みによる熱暴走ではなさそう。

セーフモードで起動
  →やはり落ちる。

管理ツールからイベントビューワでエラーメッセージを確認。
  →特にエラーの記述なし。

CドライブをCheckDisk
  →不良セクタ等の問題なし。

メモリを一本抜いてみる。
  →正常に動作。どうやらメモリが怪しい。

2本のメモリをそれぞれ隣のスロットに移動。しっかりと差し込む。
  →デュアルチャンネルで認識。PCも正常動作。

どうやらスロットからメモリが浮いていたか、もしくはスロットが死にかけていた模様。


以上で解決しました。でも考えてみれば、いつ落ちるか分からないマシンでチェックディスクとかヤバそうですね。BIOS画面で放置してもフリーズしなかったので、メモリは大丈夫でHDDに問題有りと予想したのですが…  ^_^;


ところで、ここ一年で自分の周辺で、PCのメモリを挿し直したら不調が治ったってのが3台ぐらい有りまして、もしかしてメモリの接触不良によるPCの不調って結構多いんですかね?メモリって勝手にゆるむのかな?
スポンサーサイト

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

月下美人が咲きました。

DSC_2014a.jpg
DSC_2018a.jpg
なにやら庭先で植物的な匂いがすると思えば、なかなか立派に咲いておりました。

両方の写真ともNikon D70と標準レンズでシャッター速度優先・露出時間5秒で撮影しました。
上の写真は満遍なく光が当たるようにライトを動かしながら、
下の写真はライトを下方に固定して撮影。

ただでさえ写真の知識も腕もない、夜間の撮影はさらに厳しい。なのでラッキーショット狙いのカメラ任せで撮りまくり。ああっ素晴らしきデジタル技術、そしてマシな写真が上のヤツ。それでもブレるよどこまでも。

ということで、微妙に風のある状況でしたので、わずか五秒といえども被写体がブレてしまいます。ちなみにもう少し風が強い季節になると、安物の三脚ゆえに今度はカメラ自体がブレだします。(^_^;)



その他の写真撮ったよ的なエントリーはこちら

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

アスパイアワンの雑事

さてアスパイアワンを買って1ヶ月以上になりますが、その間にいくつか小物を買いました。

DSC_1850a.jpg
本体付属のレザー風カバーでは、擦り傷対策ぐらいしか保護効果は期待できないので、新たに厚みのあるウレタン製のインナーバッグを購入。
バッファローコクヨサプライの10.4型対応のPKSPR104BKはAspire oneにベストマッチな大きさでした。どれぐらいピッタリかというと、前述の純正レザー風カバーにAspire oneを収納し、このバッグに突っ込むと、収納出来るには出来るのですが、取り出すのが力ずくになります。それぐらいのクリアランスです。

商品ページには極厚のウレタンと説明されていますが、それほど極厚でもありません。しかし軽度の衝撃は十分に吸収できるでしょう。普段持ち歩く際は、このインナーバッグに収納してリュックなんかに放り込んでます。必要が有ればPCバックかハードケースを併用すれば完璧でしょう。

そんなインナーバッグですが、6セルバッテリー装着にも対応できるかは不明。上開きなのでなんとか入りそう?


DSC_1853a.jpg
タッチパッドも良いけど、やっぱマウスよねってことでUSBの光学式ワイヤレスマウスを購入。
なるべく小型かつ安価なモノを探していたところ、ホームセンターコーナンで1780円で売っていたのがこれ。まぁ理想を言えばレシーバーも小型なBluetoothでレーザーで横スクロールで3ボタン以上なのだが、当然それなりの値段になるので財布と相談した結果です。

マウスてっぺんのボタンを押すとレシーバが本体からコンニチハで電源オン。
電源は単四電池2本。有る程度放置していると電源が落ちる仕様。
レシーバーを収納すると電源オフな便利製品。

だが作りは値段なりにちゃっちぃ。しかもカバンの中で勝手にレシーバーが飛び出して電源が入ることが…。もう一工夫欲しいところ。


DSC_1858a.jpg
車内での電源取りにシガーソケット接続のコンバータを購入。
定格80WなのでノートPCも余裕。その代わり図体はデカイ。


過去のAspire oneのエントリーはこちら

テーマ : ネットブック/ネットトップ
ジャンル : コンピュータ

Phenom X4 9550で組む。その2

さて、前回「4コア4ギガ64ヴィスタ。1テラもあるでよ。」をコンセプトに予算8万で買い集めたPCパーツですが、やっとこさ組み終わりました。
DSC_1840a.jpg
配線は結構適当。1ポートしかないIDEはDVDドライブを接続するはずだったのですが、絶妙なタイミングで先代PCが起動不能になったため、先代のPATAHDDを接続。
DVDとHDDを同じポートに繋げるのはトラブルの元なので、DVDドライブはPATA→SATA変換アダプタを介してSATAポートへ。

DSC_1838a.jpg
部屋に転がっていた電線をタイラップ代わりにケーブルを固定。

vista1a.jpgvista2a.jpg
適当にベンチマーク取りました。使用ソフトはスーパーπ HDベンチ CrystalMark 2004R3  CrystalDiskMarkです。HDBENCHのHDDが異常な値になってますが気にしない(^_^;)
ノーマル設定なので、電源オプションは"バランス"になっています。ちなみにパフォーマンス優先にした場合のスーパーπ104万桁は36秒でした。

当ブログ恒例?のケルベロスベンチ(今命名)の結果はバランス時で39分、パフォーマンス時で34分48秒という結果に。
Q6600の31分50秒と比較してもそれほど悪くない結果だと思います。オーバークロックも試してみたかったのですが、他人のPCだし時間もないしで今回は見送りです。


さて、セットアップが終わって実際に使用した感想ですが、一般的な使用では特にストレスを感じることもなく軽快に動きます。ゲーマーやエンコ職人でもなければ十二分な性能だと思われ。まぁその辺は最近のデュアルコア・クアッドコアのCPUであれば、どれでも同じ事がいえそうですが…。




OS:64bit Vista HomePremium
CPU:AMD Phenom X4 9550
マザー:GIGABYTE GA-MA78G-DS3H (rev. 1.0)
メモリ:CFD ELIXIR W2U800CQ-2GL5J
HDD:Seagate Barracuda 7200.11 ST31000333AS
DVDD:NEC AD7200 (流用)
ケース:サイズ SCY-0311SE-BK
電源:ケース付属 SCY-450T2-AD12

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

Phenom X4 9550で組む。

知人より予算8万円(OS込み)でPCの制作を依頼されました。
メーカー製ペンティアム4 2.4GHzマシンからの乗り換えなので、わかりやすく最新チックな方が良いかなと言うことで、
DSC_1738a.jpg
コンセプトは「4コア4ギガ64ヴィスタ。1テラもあるでよ。」なかんじです。

OSに64bitのVista HomePremiumを加えて総額でたしか76000円程度だったと思います。ちなみにDVDは先代に搭載のモノを流用します。

メモリ4GB以上積むなら64bitOSでないと、3~3.5GBぐらいしか認識してくれないし、その上オンボードVGAにメモリを割譲すれば、さらに残念なことになるのでやっぱり64bitだよねぇ~。って判断なのですが、64bitのVistaは地元ではUltimate以外はそもそも在庫が無いので取り寄せ中。まだ手元に有りませんです。(T.T)


scy0311se.jpg
ケースはアクリルのサイドパネルが気に入ったようで、サイズのSCY-0311SE-BKに決定しました。これには12cmFAN1ヶと450Wの電源が内蔵されています。9980円


DSC_1753a.jpg
電源の出力は画像の通りです。12Vが18A・16Aの二系統で、定格出力450Wでピーク出力は530Wです。ビデオ機能はオンボードで済ますので、これぐらいの電源で十分でしょう。
コネクタはSATAが2、4pinが6あります。最近のモノとしてはSATA電源が少ないですが何とでもなるのでOK。


DSC_1816a.jpg
ケースの背後には謎の加工が施されていました。ふさがっている穴もドライバーとかで貫通できそうです。なんだろ?外付け水冷装置のコネクタをつけられるとか?
「やぁ!僕、ミッk」


DSC_1770a.jpg
CPUには "AMD Phenom X4 9550"をチョイス。2.2GHzx4コア、L2:512KB×4、L3:2MBというスペック。フェノムはB3ステップでTLBエラッタが改修されているので安心して選択。
リテールのCPUクーラーは、昔ながらな雰囲気のシンプルなモノです。16480円


DSC_1774a.jpg
マザーボードにはギガバイトのGA-MA78G-DS3H (rev. 1.0)を選択。
チップセットに780Gが採用されており、オンボードでDVI-D端子が使える優れもの(HDMIとは排他利用)。その上780Gはオンボ-ドVGAとしては非常に優秀で動画再生支援も有。それでいて低価格。一杯あるSATAコネクタを1TBのHDDで埋め尽くせw11980円

今回モニターは、DVI-D接続オンリーな先代のメーカー製を流用するので、費用の面からもAMD一択で、マザーから決定したようなもんです。


DSC_1783a.jpg
メモリは"CFD ELIXIR W2U800CQ-2GL5J"でDDR800(PC2-6400)の2GBメモリが一組入っています。つまり4GBです。CFDのサイトで、上記マザーとの動作確認がとれているので安心です。6980円
Phenom X4と780Gは、より高速なDDR1066に対応していますが、コストパフォーマンスがあまりよろしくないので今回は却下です。


DSC_1805a.jpg
HDDは "Seagate Barracuda 7200.11 ST31000333AS" 1TB、7200rpm、32MB cacheの製品で、
大容量のキャッシュと高密度のプラッタにより高性能が期待できます。12480円


DSC_1792a.jpg
やはり排気FANはいるだろ常考って事で、ケースと同じサイズ製の12cmFAN(DFS122512L-PWM-LED)を追加することに。1280円
マザーボードのケースファンコネクタもPWM対応で、このFANもPWM制御できるので、そこはかとなく(゚Д゚)ウマー


さぁ、ちゃっちゃと組み立てませう。続く

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。