スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ液晶フィルター

三菱ディスプレイ MDT242WGに光沢フィルターを貼ってみました。フィルターは日本橋のソフマップで購入した24インチワイド用で5000円程度のもので、このサイズにしては安価なものです。

自分の少ない経験上ではフィルターは高価なものほど表面がクリアで帯電しにくいようです。そしてフィルター表面と粘着剤側両面に保護フィルムが有ったりします。が、これはフィルター表面に虹色の波紋があり、パッケージ開封時や粘着剤のフィルムをはがす際にかなりの静電気を発生させます。
R0013414a.jpg

19インチ程度の小さめの新品ディスプレイで、かつ開封直後にフィルターを貼ってやれば結構うまく貼れるのですが、でかいディスプレーでしかも使用中のモノとなれば勝手が全然違います。
実は半年以上前、このディスプレーを購入ししばらく使用した後に、同じ製品でフィルター貼りに挑戦しているのですが、ホコリ巻き込み→貼り直しを何回かやっている間にフィルターに折り目が付いて修復不能になり大失敗しました。

なので今回は前回の反省をふまえて、極力ホコリの影響を排除すべく風呂場で作業を遂行しました。

タイル張りの風呂場は、絨毯などの毛埃の発生源がなく、頻繁に水が流れるので元々ホコリの少ない環境にあります。なので昔から模型製作の塗装工程においては、ある意味メジャーな作業場な訳ですが、今回はさらに空気清浄機を持ち込み、作業開始1時間前からフルパワーで稼働させておきました。
そして桶に湯を張り、鏡が若干曇る程度に湿度を上げて床に落ちたホコリの再浮遊を防ぎ、ホコリを拭き取った状態の液晶と蛍光灯を持ち込み作業開始。湿度の高いところに電気製品を持ち込むのは色々とアブナイのでマネしないでね。

まずは新しいクリーニングクロス(めがね拭き)で本体や液晶面に残っているホコリや汚れを丁寧に取り除きます。
しばらくするとまた液晶面にホコリが付着するので、更に拭き取ります。
基本的にホコリ発見→拭き取りの繰り返しですが、何回も拭いているとクリーニングクロスから液晶にホコリが再付着し始めるので、適度なところでクリーニングクロスを新しい物に交換してやる必要がありました。今回自分はクリーニングクロスを3枚使用しました。
このめんどくさい作業を繰り返すと、ホコリを除去してから再度液晶面にホコリが付着するまでの時間が長くなるので、その間にフィルターを貼ります。
フィルターはそれなりに厚みのある樹脂で出来ていますので、急角度で曲げてしまうと折り目が付いて液晶に密着しなくなります。その辺の力加減に注意しながら端からゆっくりゆっくり貼っていきます。
途中液晶とフィルターの間に空気が入ってしまったら、少しだけフィルターを剥がしてやり直し。3歩進んで2歩下がるを地でいく作業です。
R0013412a.jpgR0013413a.jpg
自分的にはかなりうまく貼れましたが、角に一カ所ホコリが残っていたためフィルターが浮いています。
さらにフィルター外周がやはり浮いてしまいます。これはフィルター製造時の裁断の際にフィルターに反りが付くためだと思われます。なので全体的にピッタリ貼れていてもしばらくすると外周が浮いて来たりします。
まぁここで欲をかいて貼り直そうとするとろくな事にならないのでこれでいいや。


実際のところ液晶へのフィルター貼り付けは綺麗に仕上げるのが困難で、液晶面のクリーニング時やフィルター貼り付け時に液晶に圧力がかかるためにドット欠けを発生させる危険もあります。
リスクや労力を考えると初めから光沢処理された液晶を購入するのが最良なのですが、そもそも光沢モデルの液晶ディスプレーなんてほとんど無いので選択肢が少なく、自分の欲しいスペックの液晶ディスプレイに光沢モデルが有る事なんてまずなかったりする。

液晶ディスプレイは半光沢のものが一般的で、その方が周囲の物や光源が画面に映り込まないために見易く、目の負担も少ないため長時間の使用にも耐えられます。ですので事務機器としても一般家庭の用途としても半光沢が無難かつ主流です。
ですが光沢と半光沢では画面に表示される色の鮮やかさにかなりの違いがあり、写真や動画のキレイさが優先といった場合には光沢に軍配が上がります。まぁそういったニーズが少ないので光沢の製品も少ないわけですが…

自分もやはり写真・動画・ゲームが色鮮やかな方が気持ち良いので光沢が好きなんです。それとたぶん特殊な意見だと思いますが、半光沢の液晶で写真とかを見ていると、自分の目がかすんでいるように錯覚して若干ストレスを感じるってのもあります。
まぁ光沢フィルムを貼ったところで、ホコリの巻き込みやフィルター端の浮き上がり等でネイティブの光沢モデルには及ばないわけですが…今からでもMDT242WGに光沢モデル出してくれないかな。

MDT242WGはちょっと高いけど入力端子が豊富にあって、入力切り替えがリモコンで出来るのが思いの外便利。さらに2系統のHDMI入力があり、そのHDMIから音声信号を分岐して光出力できるというオプティカル対応のアンプやスピーカーを持っている人にはうれしい仕様。自分のお気に入りの一品だったりします。
スポンサーサイト

テーマ : 液晶
ジャンル : コンピュータ

すごしやすい季節は良いものですね。

最近非常に天気がいいので、出掛けるときにカメラを持つことも増えました。
んで撮影した写真なんかを適当に貼ってみる。(無駄にでかいです。)

先週に和歌山マリーナシティで撮った写真↓
DSC_1401a.jpgDSC_1388a.jpg
DSC_1374b.jpgDSC_1390a.jpg


長野で聖火リレー(笑)が行われていた頃に姫路とかで撮った写真↓
DSC_1522b.jpgDSC_1525a.jpg
DSC_1496a.jpgDSC_1421b.jpg



明石海峡大橋にしても姫路城にしても、巨大建造物はやはりイイものですね。美とロマンがあります。



その他の写真撮ったよ的なエントリーはこちら

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

まぁ動いてるから良いけどね…

 ここのところPCを色々といじっていたのですが、PC起動時にストップエラーが頻発するようになってきました。ブルースクリーンのメッセージは以下の通り。

STOP: c0000218 {Registry File Failure}
The registry cannot load the hive (file):
/SystemRoot/System32/Config/SECURITY
or its log or alternate.
It is corrupt, absent, or not writable.

 うーむ、システム用HDDが物理的に損傷しているのか、ファイルだけが損傷してるのか、どちらにしても心当たり有りすぎるw

 露天運用しているHDDの上にキーホルダー落としたり、ケースにHDDを取り付ける際にあちこちぶつけたし…システムHDDをRAID0運用して、CPUをオーバークロックしてたり。

 とりあえずHD TuneのエラースキャンでもWindows Vistaのエラーチェックでも特に問題は出てこなかったので、システムファイルの損傷が原因の模様。だったらまぁ最終的にはCPUを定格に戻して、OSを再インストールすれば解決するかな?でもめどいからとりあえずこのまま使おう。


 どうでもいいですけどCドライブのスキャン結果ってVistaでは、コントロールパネル→管理ツール→イベントビューア→Windowsログ→アプリケーションの、ソース:wininit イベントID:1001に記録されているんですね。XPのと若干変わってたので、見つけるのに苦労しました。

 エラーと言えばi8042prtのエラーもずっと出てます。レジストリの韓国用キーボードのエントリを削除しても変わらず。これは特に致命的な問題でもないですが、希にキーボードでの日本語入力が出来なくなったり、キーアサインがずれてるような現象が発生するので鬱陶しかったりする。

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

tag : Vista

320GBプラッタのRAID0にお引っ越し

"Western Digital Caviar SE16 WD3200AAKS-00B3A0"でRAID0を構築(画像上段)した際の、"Western Digital Raptor WD360ADFD"のRAID0(画像下段)との比較をHD Tuneでしてみました。参考として上段右端はWD3200AAKS単体です。その下はReadyBoostに使用しているADT-USB FlashDrive PD7-200X 4GBです。
HDDBenchmark19.jpg

転送速度では3200AAKSが速いですが、アクセスタイムではさすがに10000rpmのラプターには勝てませんね。そしてそのラプターもアクセスタイムではフラッシュメモリの足下にも及びません(当たり前の話ですが)。


で、まぁOSの再インストールもめんどくさいので、Vista ultimateのComplete PC バックアップを使ってシステムHDDをラプターから3200AAKSにを乗り換え。
PCの電源投入からVistaの起動・アンチウィルスソフトの起動終了までを何度か計測したところ、2分3秒~1分53秒程度になり従来の環境より5~10秒ほど短縮されました。が、これはストップウォッチの数字なので体感的にはあまり違いがわかりません。色々なアプリケーションの立ち上がりも含めて。

ラプターユーザーが慌てて乗り換えるような結果でも無いかな?って感じですが、HDDのシーク音がかなり静かになるのが良いですね。まぁ元々10000回転のHDDを使ってるぐらいですから、動作音については割り切ってましたが…。


ラプターといえば、2~3週間ほど前に日本橋に行ったときは、多くの店舗でラプターシリーズの在庫を見かけました。今でも結構売れてるのかな?
そして先日"PV バージョン 3.3"が公開された PV4も、在庫のある店がそこそこありました。最早希少アイテムという印象はないですね。値下げもされてましたし。

とりあえず現状のPC環境でベンチマークを色々とってみました。
GGASATAR06200aaksOSa.jpg

やはり自分のPC環境だとシーケンシャルアクセスが残念なことになりますね。でもHD Tuneだとそこそこなんですよね。なんでだろ?マザーボード買い換えた方がいいのかねぇ。


WD3200AAKS-00B3A0の記事

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

Q6600はイイものだ。

さて、世間ではAMD、インテル共に新しいクアッドコアCPUが発売されて盛り上がって?いる訳ですが、それを横目にQ6600の話です。

定格2.4GHzをオーバークロックして3.0GHz(333×9)で常用していたIntel Core 2 Quad Q6600ですが、メモリのタイミングを緩めてさらにFSBを上げてみました。

さすがに400×9=3.6GHzでは、「Windowsのファイルが壊れてる」的なメッセージが出てきてOSが立ち上がりませんでしたが、366×9の3.3GHzでは割と普通に稼働するようになりました。といってもPrimeを24時間とかはやってませんけど。

メモリのレイテンシのSPD値はは5-5-5-18なのですが、5-5-5-15に設定したところ、低負荷時では特に問題なくPCは動いていました。
がしかし、いろんなアプリを起動した状態で可逆圧縮AVIをGOM Playerで10窓同時再生とかしてたら、やはりリセットがかかってしまいました。(笑)
そこでメモリレイテンシを4-4-4-15これじゃ詰めてますね。間違いました。とユルユルにして、かつメモリクロックも366×2=732MHzというゆとり仕様でしばらく様子を見てみます。

3GHz時には希にPCがフリーズしていたのですが、メモリタイミングを緩めたせいか今のところフリーズすることもなく、むしろ前より安定しているような印象です。
さすがに2.4GHz→3.0GHzの時ほどOSやアプリの起動で体感速度の向上はありませんが、3.0GHz時約27分のエンコード作業が、3.3GHz時には22分半となり結構良い感じです。


OS     64bit Windows Vista Ultimate
CPU     Core 2 Quad Q6600 (366×9=3.3GHz)
マザー   GA-965P-DS3 rev1.0  BIOS.F12
メモリ    UMAX Castor LoDDR2-2GB-800-R1 ×4=8GB
ビデオ   GeForce8800GT

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。