美保基地航空祭2018 C-2の祭典

5月27日開催の美保基地航空祭に行ってまいりました。


ちなみに航空祭では多くの場合、基地内に駐輪場が設定されています。
つまりバイクで行くと基地への入場がスムーズかつラクチン。
って事でV-Strom1000で鳥取県境港市までひとっ走りです。

現地では、今年はブルーインパルスが来ない事もあって、滞りなく会場入り出来ました。



ということで写真の時系列が結構バラバラですが、航空祭の様子をば。

sNCN_6809.jpg
量産開始から日が浅いため、まだまだ稀少な新型輸送機である『C-2』。
そのC-2が配備されているのが航空自衛隊美保基地に所属する第3輸送航空隊です。


sDSC07059.jpg
このような機体規模の国産機が並んでいる光景は実に良いものです。



sNCN_5560.jpg
オープニングフライトでの異機種編隊。


sNCN_6525.jpg
sNCN_6517.jpg
大柄な機体ですが騒音は控えめで軽快に動きます。


sNCN_5639.jpg
どこか愛嬌のある有機的フォルムが魅力的。


sNCN_6152.jpgsNCN_6589.jpg
気合いの入ったバンク角。



sNCN_5665.jpg
軍用輸送機の代名詞、物資の空中投下。




sNCN_6327.jpg
海上保安庁のヘリ『アグスタウエストランド AW139』も救助デモで飛びました。
オートバイメーカーのMVアグスタとは関係があるようでないような微妙なところです。


sNCN_6030.jpg
陸上自衛隊の『CH-47JA チヌーク』
後部ドアから手を振る隊員たち。





sNCN_6338.jpg
sNCN_6357.jpg
午後よりC-2が4機編隊でデモ飛行。


sNCN_6397.jpg
大山を背景に飛ぶC-2。
残念画質ですが実に鳥取らしい画が撮れました。


sNCN_6414.jpg
緻密なフォーメーションで飛ぶ大型機は流石に迫力があります。


sNCN_6477.jpg
ブルーインパルスならぬブルインパルスとでも言いましょうか。





地上での展示の様子

sNCN_6204.jpg
C-2輸送機の愛称はブルーホエールとの事。
ですが後ろから見た場合、私にはサメにしか見えません。


sNCN_5971.jpg
メカメカしい羽根の構造。


sNCN_5550.jpg
翼端の灯火類

sNCN_5526.jpg
パッカーンされたターボファンジェットエンジン。
何となく昆虫型の怪獣に見える。



sNCN_6079.jpg
C-2の親戚筋とも言える新型国産哨戒機『P-1』


sDSC07016.jpg
sNCN_6657.jpg
空中給油機『KC-767』。


sNCN_6112.jpg
日曜も勤務に励む隊員さま方。
ほんとにお疲れ様です(`・ω・´)ゞ


おまけ
sDSC07047.jpg
C-2もカワサキ製なら飛行場を造成する機械もカワサキ製。



今回の航空祭、サングラスを用意しなかった事を後悔するレベルの天候でした。
徹夜での移動の影響もあってか眼が痛いのなんの。
真新しいコンクリートの照り返しがあれほど凶悪とは思いませんでした。
日焼け対策は十分でしたが、脇が甘かった。
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

護衛艦『かが』一般公開in天保山

5月20日に大阪の天保山で海上自衛隊の艦艇公開イベントがあり、物見遊山に行って参りました。
公開されたのは海自最大の護衛艦『DDH-184 かが』

『かが』 と言えば、ヘリ空母だけど護衛艦。
護衛艦だけど将来的にF-35Bも乗せるかも?
と昨今話題ないづも型の2番艦です。


sNCN_5491.jpg
sNCN_5335.jpg
海遊館に観覧車、天保山らしいショット。



sNCN_5268.jpg
会場時刻の9:00ジャストに到着するもこの行列。
ちなみに正面に見えるグレーの壁が「かが」。
この先ではさらに複数の折り返しがあり、早くも危険な香り。


sNCN_5292.jpg
手荷物検査もあり結局は乗艦まで2時間かかった。
来場者2.1万人は自衛隊側の想定を軽く超える数だったのではないだろうか。



sNCN_5275.jpg
sNCN_5326.jpg
驚くほど高速かつスムーズに昇降する巨大エレベーター。
4本×4カ所のワイヤで支持されていて、ハイエースなら10台ぐらい乗りそうなサイズ。


sNCN_5281.jpg
sNCN_5304.jpg
エレベーターを固定する銀行の金庫扉のようなロックピン。
茶色いのはサビではなく、これでもかと塗られたグリスのようだ。



sNCN_5355.jpg
船上であることを忘れるほど広大な甲板。
真横を船が通過してもピクリともしない。


sNCN_5398.jpg
巨大な艦橋に巨大な旗。


sNCN_5337.jpg
甲板の高さは、結構でかいはずのサンタマリア号を余裕で見下ろせるほど。
それにしてもサンタマリア号、古風な見た目に相反するダッシュ力には変な笑いがでます。


sNCN_5354.jpg
除籍されたSH-60Jが展示されていて、コックピットに座ることも出来ました。
ただし90分待ちでがっつり日焼けするハメに(-_-;)


sNCN_5342.jpg
sNCN_5390.jpg
見物客のベンチと化していたヘリけん引装置。
なにやらド派手な便座の様だが、ヘリの車輪をムニっと掴んでグイグイ引っ張る働き者である。
こういうのも将来は無人化されルンバの如く甲板を動き回るのだろうか?


sNCN_5311.jpg
『かが』は新鋭艦らしくCIWSも最新のものが装備されていた。



sDSC06844.jpg
sDSC06859.jpg
艦前方のエレベーター。むきだしのダクトが武骨で良い。
考えてみれば当たり前だが、格納庫の床はエレベーターの厚みの分だけ下降する。


sNCN_5320.jpg
広々とした格納庫。大きいことは良いことだ。


sNCN_5454.jpg
sNCN_5459.jpg
艦内の巨大フラッグ。
ホワイトベース・・・これはガンダムの開発フラグですね!?



sNCN_5296.jpg
下艦の時点で2:00になっていた。
が、行列はまだまだ続いていた。後ろの方の人たちは無事に見学できたのだろうか。


sNCN_5477.jpg
艦艇と護岸の間に挟まっている横浜ゴムの空気式防舷材。
ただの風船ではなくタイヤのようなカーカスを内蔵した構造らしい。


sNCN_5483.jpg
陸上自衛隊も小規模ながら参上していた。
見物客の誘導なども担当していて、なるほどこれが広報支援かと一人で納得。


この日、消費した時間の大半は待ち時間だったけれども、とても良い経験ができました。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

2014 岐阜基地航空祭

先週の事ですが2年ぶりに航空祭に行って来ました。
実は去年は空自を舞台にしたTVドラマも放送されていましたので、
ただでさえ人であふれる航空祭がさらにすごい事になりそうだと家でおとなしくしてました(笑)


DSC01156b.jpg
目新しいものとして超射程超音速の対艦ミサイル XASM-3 のダミーが展示されていました。
高性能の対艦ミサイルの装備は日本の制海権維持に不可欠ですね。


NCN_0865_00019b.jpg
岐阜基地といえばやはりC-1FTB。
銀色に輝く機体はノスタルジックでありSFチックでもあります。


NCN_0973_00029b.jpg
もう一つの岐阜名物、異機種大編隊。


NCN_1034_00034b.jpg
操縦特性の異なる機体での編隊維持にはそれなりの技量が要求されます。


NCN_1100_00037b.jpg
注目の新演目。航空自衛隊60週年ということで編隊で60を形作っています。


DSC01174b.jpg
パンフレットに記載の展示飛行プログラムは昼休憩の時間帯が妙に長かったのですが、
その空白時間にT-4が離陸し、XC-2もエンジンを始動して移動を始めました。
C-2輸送機のサプライズ飛行かと色めいたのですが、結局元の位置に戻ってしまいました。


NCN_1198_00045b.jpg
THE・戦闘機 F-15イーグル。
双発双尾翼って男の子だよな。


NCN_0616_00009b.jpg
轟音を轟かせて力強い上昇を見せてくれます。


NCN_0278b.jpg
特別塗装機のF-4ファントム。
機体上部は明るいグレー、下面は白、ノーズ上部が黒。
昔懐かしの初期型塗装ですね。


NCN_0890_00025b.jpg
ファントムライダーにカメラ目線をもらいました。


NCN_1278_00055b.jpg
ドラッグシュートを牽いて着陸中のサントムさん。


NCN_1233_00050c.jpg
F-2Aの2号機。オレンジの塗装が青空に映えます。
F-2は小柄で高速なのでカメラで追うのにいつも苦労します。


NCN_0683_00012b.jpg
KC-767による空中給油デモ。
戦闘機はいつでも腹ペコ。


NCN_0832_00018b.jpg
U-125は救難物資投下を披露してくれましたがシャッターチャンスを逃していまいました。


NCN_0804_00016b.jpg
ド安定のホバリングを見せつける救難ヘリ。
救難部隊のパイロットは訓練時間が多いのでしょうか?非常に練度が高い気がします。


2014年の岐阜基地航空祭はブルーインパルスも来ないとの事で比較的に落ち着いて楽しめました。
しかしながらメイン会場は終日逆光なので写真の出来は良くはありません。
投資も勉強もたりない自分としては、光線状態まで悪いとなればラッキーヒットも期待できないのが泣き所でした。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 趣味・実用

平成24年度小松基地航空祭

NCN_8568.jpgNCN_8581.jpg
小松基地航空祭に行って来たが雨が終始降ったり止んだりのビミョーな天候。
涼しかったので、暑がりのオイラは嬉しいけれど写真が残念なカンジに。
そして仕事の都合で写真の確認をする時間もまだないorz

小松基地にはF-15イーグルを運用する306飛行隊と303飛行隊が駐留しています。
なので小松基地航空祭はイーグル祭りとも言えます。
DSC_1454.jpgNCN_7971.jpg
NCN_8237a.jpgNCN_8533.jpg
F-15のやたらでかい背中のエアブレーキを使っての着陸が印象的で
これを写真に収められて満足です


NCN_8131a.jpgNCN_8084.jpg
NCN_7988a.jpgNCN_8162.jpg
イーグルの8機編隊などそうそう見る機会はなく、大変贅沢な瞬間です。
エンジン出力を絞っているためか、これだけの規模の編隊飛行にもかかわらず、
意外なことに騒音はさほど大きくありません。


NCN_7890a.jpg
RF-4戦術偵察機も展示飛行を行いました。
ウッドペッカーの部隊章はどのような由来が有るのでしょう?

NCN_8706.jpgNCN_8805.jpg
NCN_8771.jpgNCN_8736.jpg
天候不良のためブルーインパルスの演目もソレ用のものになっていて、
コレはコレで自分的には貴重な体験でした。

テーマ : いってきました^^
ジャンル : ブログ

ちびるまで追い込めば良いのに

オリンピック開催中にアキヒロ君が竹島に上陸し、
さらに天皇陛下に対する謝罪要求までしたっていうアレね。

でもこれ、日本国内的には謝罪要求ってことになっているけども、アキヒロ君はホントは
「日王は土下座しろ!頭を踏んづけてやっから!」
的なことを言っていたという話もあって、もし本当ならば、
流石に離乳食から唐辛子食ってる民族。エキセントリックやね。と言わざるをえない。

しかも21日に、今度は韓国の外相が天皇への謝罪要求は正当という趣旨の発言。
外相まで乗っかっっちゃたコレ!

韓国大統領なんて、任期満了で豚箱行きが定番コース。
彼自身は先代のノ・ムヒョン酋長と違ってアホではないですけど、
汚職隠しと大阪生まれ故の親日派認定回避に必死だったんです!
っててことでアキヒロご乱心ですませりゃ良いのに、どうすんだろね?


しかしまあ、中国、ロシアも相手せにゃならんのに、韓国レベルの国に今まで何をされても甘い顔。
そらどの国からもナメられますわって話で、とりわけ尖閣で揉めてる中国は今回の件は注視してるだろうし、
韓国には畑に吊るされるカラスにでもなってもらわにゃね。
ちゃんとエゲツナイこともしようぜ日本。


なんだけど、我が国の政府は毅然とした対応と言いながら、今もって検討だ議論だとグダグダしているご様子。
紛争相手が過度な行動に出た場合の対応を、事前にプランニングしてないのかと驚くわけですよ。
全くの突然で予想外な事態ならまだしも、以前から竹島で国会やろうぜとか言ってる相手にね。

いきなり経済制裁だと日本のメーカーもダメージ受けるってんなら、とりあえず渡航自粛勧告でもだしてさ、
うんでもって艦隊集結訓練と邦人救出訓練を緊急に実施すればいいじゃない。

それと経済・歴史・文化の多方面で韓国はウソ・大袈裟・紛らわしいを多用して日本に喧嘩売ってるんだから、
いい加減それらに専門的に対処する部署を作ろうよと。
ハウス栽培で反日思想に汚染された韓国人の病気が、自然治癒するなんてことはこの先も無いんだからさ、
振りまかれる病原菌だけでも殺菌していかんと、感染者が増えるばかりだわ。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

2012岩国FSD

NCN_6784.jpg
DSC_0908.jpgNCN_7079.jpg
いまさらながらに、5月5日の岩国フレンドシップデー2012の話ですよと。
山口県岩国市に海上自衛隊と米国海兵隊の駐留する航空基地がありまして、毎年この日に催されるイベントは盛大な客入りと盛大な渋滞が。
なんせ朝5時には既に基地周辺が渋滞しているという…そして2時間で車列が300mしか進まない。岩国パネェっす。



空母に艦載される戦闘攻撃機 FA-18ホーネット。映画インデペンデンス・デイで主演を努めましたw
NCN_5658.jpgDSC_1335.jpg
DSC_1351.jpg



六翔プロペラ化されたC-130。空中給油ポッド付きです。
プロペラ機は4枚羽根から6枚羽根への進化がトレンドみたいですね。ヒゲソリみたい。
DSC_1008.jpgDSC_1031.jpg



西側最大のヘリコプター、MH-53Eシードラゴン。ローターを含む全長は30m超。
ローター中央部は大人二人が余裕で座れます。
DSC01379.jpgDSC_1323.jpg



シードラゴンの後継機、MCH-101。欧州製のこいつも大概デカイ。
DSC01378.jpgDSC_0980.jpg



アメリカ空軍のF-16ファイティングファルコン。三沢のワイルドウィーゼルと韓国のウルフパックですね。
NCN_5794.jpgNCN_5793.jpg

DSC_1005.jpgDSC_0986.jpg

スピード感あふれるデモフライトではヴェイパーひきまくりです
NCN_6102.jpgNCN_6154.jpg



垂直離着陸が可能な攻撃機、AV-8Bハリアー。映画トゥルーライズでシュワちゃんが乗ってたヤツです。
DSC_1026.jpgDSC_1022.jpg

碇シンジ君ばりのなで肩ですが、力強く飛び回ります。
DSC_1035.jpgNCN_5760.jpg



世界的にも珍しい外洋に着水可能な大型の飛行艇、US-1A。新明和工業はゴミ収集車から飛行艇までつくります。
NCN_5578.jpgDSC_1309.jpg

US-1Aをさらに改良したUS-2。大柄な機体が極低速で飛行する様子は魔法の域。
NCN_5570.jpg



民間のアクロ機も頑張ります。
NCN_6243.jpgNCN_6369.jpg



風の影響かブルーインパルスは少し調子が良くなかったような
NCN_6992.jpg



もはや装甲車なHUMVEEと、さらにいかつい六輪タイプのクーガー装甲車。ヘッドライトがLED?
DSC_1057.jpgDSC_1060.jpgDSC_1066.jpg



いかにもアメリカ的な消防車とローリー。
DSC01369.jpgDSC_1099.jpg


さて、アメリカ海兵隊のイメージは、ハートマン軍曹とコワモテマッチョな仲間たちがセンパーファーイ!、なんて人もいるかもですが、
大半は陽気で気さくなアメリカンな方々でして、イベントにおけるホスト的な能力に長けているように感じました。
特に子供に対するフレンドリーさはご近所のおばちゃん並です。
これは文化的な背景からくる性格の違いでしょうかね。あるいは食べ物の違いか…

ということでアメリカンな食事。
ピザとステーキサンドをツレと半分づつ朝食に食べましたが、かなりのボリュームで昼飯いらずでした。
DSC_0910.jpg
ピザはたっぷりのトマトソースと肉厚の生地がバランス良く、主張しすぎないチーズも好印象です。うまし。
ステーキは硬さはあるものの、無駄に固いわけではなく、噛みごたえと赤身の旨みがほどよいですね。これもうまし。

これだけで判断するのもアレですが、アメリカ人が味音痴ってのはウソなんじゃねと思いました。
ステーキサンドに付属のポテトチップスは油っぽいですがねw

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

何気なくグーグルマップを見ていたら

 グアムのアンダーセン空軍基地の航空写真に、航空自衛隊のF-2、F-15、E-2がちゃっかり写ってるじゃありませんか。


大きな地図で見る

 さらに米国のアグレッサー部隊のF-16やEA-6B電子戦機らしき機影も。

 日米共同訓練コープ・ノース・グアムの期間は2週間ぐらいでしたっけ?
その間にうまいこと航空写真の撮影があったわけね。しかも列線状態の時に。




 気付いたら年明けからもう10日もたってるのね。びっくりですわ。あ…あけおめ?寒中?

テーマ : ミリタリー
ジャンル : 趣味・実用

岐阜基地航空祭2011

  もう二週間近く前になりますが、岐阜基地航空祭に行って来ました。今年は来場者11万人だそうです。岐阜はメイン会場では終始逆光になるので、写真が残念なカンジに。

NCN_1388.jpg
 輸送機の新旧弐号機が仲良く鎮座。XC-2輸送機の実物を見れてウハウハである。

DSC_0713.jpg DSC_0653.jpg
 カワサキのバイクはとんがってるけど、カワサキの飛行機は丸っこいの法則。

DSC_0683.jpg
 空挺降下用のブチ穴付き防風板が軍用機らしい。

DSC_0856.jpg DSC_0805.jpg
 F-2Bの2号機、塗装以外にも量産機と異なる仕様の外見。エスコン的アングルで撮ってみた。



NCN_4049.jpg NCN_1670.jpg
 ファントム爺さんはまだまだ元気である。というか引退させてくれない。当初の計画通り150機弱のF-2を調達していれば、今日のグダグダは回避できたかも知れない。


NCN_4065.jpg NCN_4093.jpg
 研究・開発・試験を生業とする基地なので、テストパイロットたる彼らの平均年齢は高いと思われるが、見事な飛びっぷりである。

NCN_4347.jpg NCN_4580.jpg
 岐阜名物の異機種大編隊。そう遠くない将来にC-2も仲間入りすると思われる。


NCN_2627.jpg
 KC-767とF-15による空中給油デモ。タイプミスで宮中給油と打ってしまった。どういう状況だ。


NCN_4865.jpg NCN_5020.jpg
 無塗装銀地が印象的なC-1FTB。C-1輸送機の初号機であり、各種航空機搭載品の試験母機として運用されている。コクピットや窓からクルーが手を振ってくれているが、大型機だとなかなか気付いてもらえなかったりする。

NCN_3957.jpg NCN_2217.jpg



NCN_3509.jpg NCN_3382.jpg

NCN_3294.jpg NCN_3652.jpg

NCN_3666.jpg DSC_0780.jpg
 ブルーインパルスによる曲技飛行。いつも素晴らしい演技である。が、ちょー眩しい。岐阜で見るならサングラスが欲しい。


DSC_0684.jpg
 T-2CCVの画像を編集ソフトでいじっていると、ビビットなカンジになってしまった。


NCN_5358.jpg NCN_4038.jpg
 ほんの一握りとはいえ、残念な人達もいるもんだ。そしてこの巨大施設はなんぞ?

NCN_5393.jpg
 岐阜基地に隣接する川崎重工岐阜工場。周辺のバイクショップ、カワサキ製品のラインナップが充実しまくりである。さすがお膝元。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
日々の寝言
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: