スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉野山

珍しく早起きができたので吉野山まで行って来ました。
DSC02315.jpg
天気はよくありませんでしたが、朝もやと桜というのも一興ですな。
早起きしたおかげで花見客の大群が来る前に退却できました。
スポンサーサイト

2014 岐阜基地航空祭

先週の事ですが2年ぶりに航空祭に行って来ました。
実は去年は空自を舞台にしたTVドラマも放送されていましたので、
ただでさえ人であふれる航空祭がさらにすごい事になりそうだと家でおとなしくしてました(笑)


DSC01156b.jpg
目新しいものとして超射程超音速の対艦ミサイル XASM-3 のダミーが展示されていました。
高性能の対艦ミサイルの装備は日本の制海権維持に不可欠ですね。


NCN_0865_00019b.jpg
岐阜基地といえばやはりC-1FTB。
銀色に輝く機体はノスタルジックでありSFチックでもあります。


NCN_0973_00029b.jpg
もう一つの岐阜名物、異機種大編隊。


NCN_1034_00034b.jpg
操縦特性の異なる機体での編隊維持にはそれなりの技量が要求されます。


NCN_1100_00037b.jpg
注目の新演目。航空自衛隊60週年ということで編隊で60を形作っています。


DSC01174b.jpg
パンフレットに記載の展示飛行プログラムは昼休憩の時間帯が妙に長かったのですが、
その空白時間にT-4が離陸し、XC-2もエンジンを始動して移動を始めました。
C-2輸送機のサプライズ飛行かと色めいたのですが、結局元の位置に戻ってしまいました。


NCN_1198_00045b.jpg
THE・戦闘機 F-15イーグル。
双発双尾翼って男の子だよな。


NCN_0616_00009b.jpg
轟音を轟かせて力強い上昇を見せてくれます。


NCN_0278b.jpg
特別塗装機のF-4ファントム。
機体上部は明るいグレー、下面は白、ノーズ上部が黒。
昔懐かしの初期型塗装ですね。


NCN_0890_00025b.jpg
ファントムライダーにカメラ目線をもらいました。


NCN_1278_00055b.jpg
ドラッグシュートを牽いて着陸中のサントムさん。


NCN_1233_00050c.jpg
F-2Aの2号機。オレンジの塗装が青空に映えます。
F-2は小柄で高速なのでカメラで追うのにいつも苦労します。


NCN_0683_00012b.jpg
KC-767による空中給油デモ。
戦闘機はいつでも腹ペコ。


NCN_0832_00018b.jpg
U-125は救難物資投下を披露してくれましたがシャッターチャンスを逃していまいました。


NCN_0804_00016b.jpg
ド安定のホバリングを見せつける救難ヘリ。
救難部隊のパイロットは訓練時間が多いのでしょうか?非常に練度が高い気がします。


2014年の岐阜基地航空祭はブルーインパルスも来ないとの事で比較的に落ち着いて楽しめました。
しかしながらメイン会場は終日逆光なので写真の出来は良くはありません。
投資も勉強もたりない自分としては、光線状態まで悪いとなればラッキーヒットも期待できないのが泣き所でした。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 趣味・実用

ガンダム展に行って来た

くそ暑い中、熱いイベントに行って来ました。
大阪の海遊館横のホールで催されているガンダム展です。
DSC00865.jpg


いかにも展覧会でございってな大看板が来場者を迎えてくれます。
DSC00867.jpg

トイレの案内プレートなんかも凝った作りで雰囲気よし。
DSC00868.jpg
DSC00869.jpg

シャア専用の赤いトイレもあります。
赤い水洗とでも言いたいのか!?
DSC00872.jpg
はたして何が3倍なのだろうか。


以降、展覧会場内は当然撮影禁止なので、じっくりと見て回りました。


会場を出た後はガンダムカフェで一休み。
DSC00895.jpg

ハロの焼き印が押されたどら焼きと
DSC00888.jpg

絵柄の選べないカフェラテを頂きました。
DSC00887.jpg

ドリンクにはガンダム展オリジナルのコースターが付いています。
DSC00889.jpg


さて今回のガンダム展、原画や絵コンテなどファーストファンにはたまらないモノがあります。
特に安彦良和氏や大河原邦男氏の原画などは非常に迫力がありアーティスティックです。
まさに アート オブ ガンダム ですね。ガンダム好きは見なきゃ損です。

余談ですが会場には外国の方も多数来場していてガンダム文化の広がりを感じました。
さらに余談ですが、ギャンのラフに やられメカ って書かれていたのにはクスっときました。

観梅~今、君は♪

しばらくブログを放置している間に年が明けてしましました(^_^;)
そしていつの間にやら梅の花が咲く季節になっていたので、今年も観梅に行って参りました。
NCN_9242.jpg
NCN_9231.jpg
NCN_9228.jpg
NCN_9190.jpg
いつもはICに近い南部梅林に行くのですが、今年は少し離れた岩代梅林に。
立地もあるのか岩代梅林の方がちょっとマッタリな空気です。
そして梅林が平地に構成されているため、整然としているように見えますね。
南部よりも楽ではありますがそこそこ歩きますので、訪れる方は歩きやすい靴でないとツライと思います。

テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

本州最南端

本州最南端という微妙さがウリの和歌山県潮岬でキャンプをしてきました。
キャンプツーリング用のテントとして去年、ColemanツーリングドームSTを入手していたのですが、
使用する機会がないままだったので、試し張りぐらいのつもりで出発しました。

が、ウダウダ寄り道していたので現地に着いたのが日没寸前、
さらにオフシーズン用に指定されているテントサイトの場所がわからずウロウロして時間を浪費。
案内板が他人の車で隠されていただけで、サイトが直近にあったとは…始めから公式情報を見ておくべきだった。
ようやくテント設営開始したものの組立説明書が行方不明。あたりはもう真っ暗。
しかしそれでも組み上がる初見に優しいテントでしたとさ。
DSC01686.jpg
そして星空を見ながら、焚き火台で肉を焼いて晩御飯。たまりませんな。


翌日は日の出とともに自然に起床。爽やかだね。
別にテントのベンチレーション全開で寒くて起きたわけじゃないよ!ほんとだよ!
DSC01715.jpg
そして昨晩慌てて設営したテントのたたみ方に大層迷う。
迷っているうちにソーラ・レイをくらって汗だく。


テントを撤収し観光タワーへ。太平洋広すぎワロタ
DSC01720.jpg


潮岬から串本大橋を渡った先には、トルコ軍艦エルトゥールル号に由縁するトルコ記念館があります。
DSC01732.jpg



荒れる海の波飛沫を浴びながら海沿いを快走し橋杭岩へ。
DSC01737.jpg
売店で売ってた焼き団子がうまかった。


そして太地町立クジラの博物館へ。
入館料が1300円と博物館にしては高いと思ったけど、イルカとクジラのショーがあると知って納得。
DSC01759.jpg
DSC01771.jpg
展示物もなかなか濃い内容で、さすがクジラ博物館である。でもグロイのが苦手な人は注意。

200円でイルカにお触り。なんという良心価格
DSC01772.jpg
「愛でてよし、食べてよし。」byドロッセルお嬢様


そして太平洋に沈む夕日を見ながら帰路につく。
DSC01781.jpg

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

平成24年度小松基地航空祭

NCN_8568.jpgNCN_8581.jpg
小松基地航空祭に行って来たが雨が終始降ったり止んだりのビミョーな天候。
涼しかったので、暑がりのオイラは嬉しいけれど写真が残念なカンジに。
そして仕事の都合で写真の確認をする時間もまだないorz

小松基地にはF-15イーグルを運用する306飛行隊と303飛行隊が駐留しています。
なので小松基地航空祭はイーグル祭りとも言えます。
DSC_1454.jpgNCN_7971.jpg
NCN_8237a.jpgNCN_8533.jpg
F-15のやたらでかい背中のエアブレーキを使っての着陸が印象的で
これを写真に収められて満足です


NCN_8131a.jpgNCN_8084.jpg
NCN_7988a.jpgNCN_8162.jpg
イーグルの8機編隊などそうそう見る機会はなく、大変贅沢な瞬間です。
エンジン出力を絞っているためか、これだけの規模の編隊飛行にもかかわらず、
意外なことに騒音はさほど大きくありません。


NCN_7890a.jpg
RF-4戦術偵察機も展示飛行を行いました。
ウッドペッカーの部隊章はどのような由来が有るのでしょう?

NCN_8706.jpgNCN_8805.jpg
NCN_8771.jpgNCN_8736.jpg
天候不良のためブルーインパルスの演目もソレ用のものになっていて、
コレはコレで自分的には貴重な体験でした。

テーマ : いってきました^^
ジャンル : ブログ

ちびるまで追い込めば良いのに

オリンピック開催中にアキヒロ君が竹島に上陸し、
さらに天皇陛下に対する謝罪要求までしたっていうアレね。

でもこれ、日本国内的には謝罪要求ってことになっているけども、アキヒロ君はホントは
「日王は土下座しろ!頭を踏んづけてやっから!」
的なことを言っていたという話もあって、もし本当ならば、
流石に離乳食から唐辛子食ってる民族。エキセントリックやね。と言わざるをえない。

しかも21日に、今度は韓国の外相が天皇への謝罪要求は正当という趣旨の発言。
外相まで乗っかっっちゃたコレ!

韓国大統領なんて、任期満了で豚箱行きが定番コース。
彼自身は先代のノ・ムヒョン酋長と違ってアホではないですけど、
汚職隠しと大阪生まれ故の親日派認定回避に必死だったんです!
っててことでアキヒロご乱心ですませりゃ良いのに、どうすんだろね?


しかしまあ、中国、ロシアも相手せにゃならんのに、韓国レベルの国に今まで何をされても甘い顔。
そらどの国からもナメられますわって話で、とりわけ尖閣で揉めてる中国は今回の件は注視してるだろうし、
韓国には畑に吊るされるカラスにでもなってもらわにゃね。
ちゃんとエゲツナイこともしようぜ日本。


なんだけど、我が国の政府は毅然とした対応と言いながら、今もって検討だ議論だとグダグダしているご様子。
紛争相手が過度な行動に出た場合の対応を、事前にプランニングしてないのかと驚くわけですよ。
全くの突然で予想外な事態ならまだしも、以前から竹島で国会やろうぜとか言ってる相手にね。

いきなり経済制裁だと日本のメーカーもダメージ受けるってんなら、とりあえず渡航自粛勧告でもだしてさ、
うんでもって艦隊集結訓練と邦人救出訓練を緊急に実施すればいいじゃない。

それと経済・歴史・文化の多方面で韓国はウソ・大袈裟・紛らわしいを多用して日本に喧嘩売ってるんだから、
いい加減それらに専門的に対処する部署を作ろうよと。
ハウス栽培で反日思想に汚染された韓国人の病気が、自然治癒するなんてことはこの先も無いんだからさ、
振りまかれる病原菌だけでも殺菌していかんと、感染者が増えるばかりだわ。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

すごく…高原です

随分と間があきましたが海洋堂ホビー館四万十からの続き。

ホビー館から北上し「道の駅四万十大正」でお昼ごはん。やはり四万十は鮎ということで、鮎丼を注文するも売り切れ。
NCN_7344.jpg
ならばと「うなぎの石焼き混ぜご飯」を注文。鰻も四万十の味覚だよね。
石焼の器に盛られたうなぎご飯にダシをジュワっとかけて食す斬新な一品。
そのまま食べても香ばしく、ダシをかけるとまた違った風味を楽しめる。
700円で国産鰻なので鰻が少ないのはご愛嬌。しかしコレはなかなかうまい。


道の駅四万十大正からさらに北上し、メガネ橋をみたりしつつ山道をひたすらクネクネ登る。
NCN_7350.jpg
四万十川を源流付近まで逆上る形だが、その途中で日産リーフと遭遇。
すごい山中だけど大丈夫なのかアレ。


なんだかんだでやっとこさ四国カルストに到着。日本らしからぬ景色すなー。
NCN_7380.jpgNCN_7370.jpg
写真は姫鶴荘からの眺め。公共牧場なので牛がいます。
姫鶴荘には食堂、宿泊施設のほかコテージやキャンプ場もあります。


姫鶴荘から15kmほど西の大野ヶ原にあるペンションもみの木にも行きたかったが、時間的な都合で断念。
なんでもそこのチーズケーキが激うまなのだとか。リベンジせねば。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。