スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドルカバーχ

わかってはいたけれども、ハンドルカバーをポン付けでは隙間風がそれなりにある。
ツーリング中にグローブが行方不明になる珍事により、素手で運転する機会を得てより実感した。

そしてワイヤー類の取り回しで隙間の多いアクセル側が特に冷たく、
薄手のグローブありでも気温5度以下では1時間程度で指先が痛む。

それでもレベル10の冷風が右手:レベル6、左手:レベル4程度に減衰するので快適度は段違いだ!(当者比)
しかしもう一工夫すれば両の手をレベル3程度にまでもっていけるのではないか?
手を入れる開口部が広いのでそれ以上は望めないにしても、随分と快適になるはず。

まず現状を確認するために小型のライトを用意した。
夜間にこれをハンカバに突っ込んで、あちこちと照らしてみる。
するとハンカバの付根やミラーの付根から煌々と光が漏れている。
隙間とかいうレベルではない。なるほど涼しいわけだ(笑)


そこで私は板コンニャク…ではなかった。ウレタンスポンジを用意した。
大判のスポンジを4分割して適当に切り欠きを入れる。
DSC02154a.jpg

スポンジをハンドルの下側から巻込み、リザーバータンク下部の隙間に押し込む。
DSC02159a.jpg

切り欠きはレバーの可動部や太いケーブルを避けるためのもの。
スポンジを噛みこんだところで多分どうということは無いと思うが念のため。
DSC02158a.jpg

さらにスポンジをもう一枚、今度は上から巻込む。
ミラー付根の隙間は100円ショップのリストバンドで埋めることにした。
IMG_162945.jpg

そしてハンドルカバーを装着。
リストバンドを折り返えすとフラップ同士の隙間もある程度カバーできた。
IMG_165055.jpg

横から覗きこむとDIY丸出しでなんともダサい。
が、そもそも見た目より実用性がハンカバの信条なので気にしないことにする。
IMG_165257.jpg


左手側も同様に処理。
IMG_164623.jpg


再度夜間にライトを使って漏光を確認したが、
まだうっすらと光る部分はあるものの概ね満足できる結果であった。

しかしこれ、雨天走行などでスポンジに水を吸ってしまうとちょっとだけ面倒かもしれない。
予想外の所に水が垂れてくる可能性と、スポンジにカビが発生する可能性がある。
とは言っても梅雨時に連泊で走るわけでもなければ、ハンカバ外して乾かせば良いだけだが。
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

デイトナ クールロボGTを買いましたよ。

2011年5月に購入したサインハウスのB+COM SB213.EVOですが、
使用初日に本体とベースを固定するツメが折れ、
2013年の終わり頃から右スピーカーがケーブルの被覆内部の断線で機能しなくなり、
2014年8月のツーリングの際にゲリラ豪雨に遭遇し本体内部に浸水しました。
その際、乾燥させるために本体を分解したところ、基板に腐食があり以前にも浸水していたようでした。

さて、一度分解してしまったので修理サポートを受ける事が出来るのかどうか、
また高価な最新型に買い替えても旧型と同じ構造なら再び断線や浸水が発生するのではないか、
などとインカムの処遇に漠然と悩みながら半年ほど過ごしていました。

しかし最近はマスツーリングの機会も多かったために正直不便。
というか別に無くてもいいけど有ればあったで便利。
とうことでデイトナのCOOLROBO GTに乗り換えました。


愛用しているOGKのFF5-Vに組み込みました。
細長いビーコムと比してクールロボGTは四角いですね。
DSC02133a.jpg


ケーブルは後頭部側に回りこませ、内装の境目から引き込んでみました。
DSC02134a.jpg


クールロボGTのケーブルは、左スピーカー含むメインのケーブルとマイクと右スピーカーの3ピース構成です。
それぞれ補修部品が設定されDIYで交換できるのが嬉しいところ。
反面、ケーブルを接続するコネクターが邪魔になったり。
FF5-Vではこの辺りに収める事にしました。
DSC02140a.jpg


スピーカーはイヤーホールにすっぽりとイイカンジ。
DSC02137a.jpg


マイクも問題なし。
ただこの部分は両面テープの効きづらい素材みたいなので経過観察が必要です。
DSC02136a.jpg


ケーブルに負荷がかからないようにヘルメット底面に小型のゴム足を貼っています。
DSC02130a.jpg


ベース下部にDAYTONAのロゴ入りのノブが付いており、ここに指を掛けられるので本体の装着が安易です。
上部のノブが本体をロックする機構になっているので不意に本体が脱落することはなさそうです。
DSC02145a.jpg



主ケーブルの脇には別売りの電源ケーブルを接続する外部電源端子が有ります。
外部電源端子を使用すれば本体をゴソゴソしなくてもサクッと充電できるので便利ですね。
DSC02147a.jpg


電源ケーブルは片側が一般的なUSBで本体側は4極のピンプラグです。
スパイラルケーブルは伸長が1mほどありますので、ポケットに入れたモバイルバッテリーから充電できます。
インカムを使用しながら充電できるので、ツーリング出発時に充電を忘れていても長時間のツーリングでも安心。
IMG113857.jpgDSC02152a.jpg


ファーストインプレッションとしては随所に光る工夫が好印象です。
音質も必要十分でFMが聞けるというのもGoodです。
ただ音声案内は音量が過大でバイクが停止中だと耳が痛いレベルです。
本体の耐久性やペアリングの安定性などはもう少し使い込まないとわからないですかね。

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

ハンドルカバー装着!

はい。
Vストだと気温一桁のツーリングも余裕!とか言ってた人がいましたね。
でも足先と手先はやっぱり寒いんですよ!冬だもの!

特に指先はですね、アルミのレバーがですね、グローブ越しとはいえですね、
チキショウ!この体温泥棒め!ってカンジでして、
ええ、SWのハンドガード付けてるんで幾分かマシなんですけど、
なにぶん基礎代謝の下がった中年としては、OH!COOL!てなもんでして…
…だったら付けちゃえば!?中年だもの~!


ということでハンドルカバーを購入ですよ。
ラフ&ロード 防寒 防風 HOT ハンドウォーマー RR5917
ナックルガードごとカバーできると評判のにくい奴。
hankaba07.jpg
すごく…大きいです。


正面からの見た目はなんだかファンシー?
Vストの鳥っぽい顔のせいで、なんだか手羽のように見える。
hankaba00.jpg


ハンドルをフルロック。
タンクバックを付けると干渉しそう。
hankaba04.jpg


アクセル側の取付部。
hankaba02.jpg

クラッチ側の取付部。
hankaba01.jpg
両方取り付けても5分程度の作業。
ABCDの4枚のフラップは最終的にCDがキッチリ止まればABは適当でも良さげ。
ミラー付近の切り込みが後2cm深ければ完璧にフィットしそう。
雨天走行ではどうなるだろうか?


ハンカバの内部はスイッチボックスの下側と接触ぎみ。
状況によってはセルボタンやクラクションが予期せず作動する事があるかも?
hankaba05.jpg
開口部は広くとられているので手の抜き差しはスムーズ。
でもハンカバの固い感触に違和感がすごい。慣れるか?


ワイヤーが多いアクセル側は特に隙間が大きい。
隙間風が気になるようなら対策を考えるとしよう。
hankaba03.jpg

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

バイクのお守りセット

 ベンチュラのキャリアを装備したついでで、タナックスの アメリカン ツールバッグ 4を取り付けています。容量3.5リットルでツールバッグとしては大きめ?分厚い合皮なので耐久性はありそう。防水仕様では無いので、収納する小物には浸水対策が必要です。
DSC00149.jpg

 バッグの中身はパンク修理キット+90度エアバルブアダプタ+16gCO2ボンベ2本、非常信号灯、左右予備レバー、芯抜きダクトテープ。ツーリング時には画像左端の600ccの予備燃料タンクも加えます。
DSC00137.jpg
 燃料缶はメルテック ガソリン携行缶 600cc FK-01を使っています。缶の直径がアメリカンツールバッグ4の幅にピッタリです。

 TL1000Sに600ccの予備ガソリンでは、頑張っても8kmほどの走行しかできません。しかし押して歩くことを考えれば8kmでもありがたいわけで、お守りとしては十分な効能です。


 車体には巻込み防止のためにワイヤーを取り付けています。
ToolBag01.jpg
 マフラーステーのボルト穴とサイドマーカー用のボルト穴を利用してステンレスワイヤーを渡しています。しかし万が一ボルトが脱落すると、ワイヤーを後輪に巻込む可能性もあるので、もう一工夫必要です。つまりバッグ巻込防止ワイヤの巻き込み防止措置。テグスで結びますかね。 

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

非常信号灯

 バイクに積んでおくために、電池駆動のLED非常信号灯を買いました。屋外保管のバイクだと発煙筒は湿気りそうだしね。
DSC00142.jpg
 底面にマグネット、防滴構造、液漏れし難いマンガン電池を使用、20時間点滅という仕様。



 クリックで発光イメージ↓実際の点滅間隔は2倍ぐらい早くて、若干不快なかんじです。
非常信号灯
  カメラの補正で明暗がおかしいですが、発煙筒に比べれば光はかなり弱いです。でも夜間なら十分後続車へアピールできると思います。もちろん使う機会は無い方が良いわけですがね。

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

ビーコム買ってみた。インプレ的な何か

 サインハウスのB+COM SB213.EVOを導入してみた。せっかくなので限定カラーの白色で。オレのペアリングはエボリューションだ!

 オートバイ用で、携帯電話とペアリング出来るbluetooth対応のインカムはいくつか有るのだけれど、そもそもバイクヘルメット用ブルートゥースインカムなんてジャンルは歴史が浅く、いまだ発展途上の状態。各製品に長所や短所があって個性的ではあるのだけれど、決定的な製品というとなかなか難しい。

 で、多少高価であるという点を除けば、SB213EVOは今のところ最新の製品だけあって防水性や駆動時間、充電の利便性などの点でよく出来ていると思う。

 というか先日、デイトナのMOTO GPS レーダーを購入した自分にとっては、選択肢は自動的に絞られてしまうわけですな。このレーダー探知機は警報音声をbluetoothで送信出来るのだけれど、そのプロファイルがHFPなのですよ。で携帯電話もHFPプロファイルを使用している。つまりこの2台を同時にペアリングするには、HFPのチャンネルを複数持っているインカムが必要なわけで、つまりSB213かSB213EVO。どうせ買うなら進化した後継製品のEVOでしょうということに。


 そして注文した商品が届いてビックリ。商品イメージが印刷された箱の中に、さらに立派な箱↓が入っておりました。
DSC00126.jpg
 ゴディバ路線?インカムユーザーはこういうの求めるかなぁ?

DSC00052.jpg
 クリップ付きのベースでFF-5Vに固定してみた。メットとベースの曲率が合わないので、付属の分厚いほうのクッションを間に挟むことにしたけれど、これがなかなかに難しい作業。クリップの位置に合わせてクッションを三分割して貼るほうが良かったかも。

DSC00041.jpgDSC00044.jpg
 マイクは少しオフセットして取り付け。付属の粘着シートではFF-5Vとの相性が悪かったので、強力両面テープにて固定。スピーカーは固定していないけれど、チークパッドで押さえられているので問題なさそう。


 ビーコムの固定は、あまり細かく考えなければ、それほど時間もかからず難しくもなくといった印象。

 とりあえず実際にツーリングで使用しての感想は、スピーカーの音質音量、本体の稼働時間は問題無し。操作性は夏用グローブでは普通、冬用グローブだと少し厳しいかも。当然だがメット左側での風切り音が少し音量UP。相手機器によってはペアリングが不安定だったり、走行中は気にならない程度のノイズが入る。オーディオ再生中に携帯やレーダーの割り込みがあると、その後オーディオに復帰しない場合も。

 bluetoothのように汎用性のある規格では対応機器が無数にあり、その全てで完璧な動作を求めるのは酷なのですが、やはり相性の出る機器もあるようですね。それでもやはり便利なことに変わりはなく、満足度の高い装備でした。

 少し困ったのは本機のリダイアル機能でして、EVO側面のボタンを2連打で携帯電話がリダイアル動作を行うのですが、ヘルメットの脱着や収納で側面ボタンが押され、意図しない発信を行うことがありました。上司に休日早朝のモーニングコールとか…。

 リダイアルをする予定がなければ、あらかじめ00000などの存在しない電話番号に発信してリダイアル殺しを。あるいは気象庁の天気予報に発信しておくのも良いかも。



 ところで、何回目かに本体をベースから取り外した時の事ですが、まるでキヤノンプリンタのインクを開封するときのような、パキっという心地良い感触が。


DSC00040.jpg
ん?
DSC00049.jpg
アイヤー!なんてこったい!


DSC00054.jpg
もしかして外すときちょっとコジッちゃった?

 ツメ自体はネジ止めで交換可能なつくりに見えるけど、この固定は強度的にどうなんだろ?あえて強度落として本体の破損を防ぐ狙いかな?

 でもツーリング直前の出来事だったので、修理に出す時間もなく、結局は接着剤のスーパーXをネジ穴に詰めて接着しちゃいました。セルフ修理したから保証が効かなくなるんだろうなコレ。

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

ヘルメット更新 FF-5V GLITZERへ

 次期ヘルメットとして興味のあったOGKのバレルは販売延期になっていたので、同じOGKのFF-5Vを購入しました。
FF5Va.jpg

 購入したのはグラフィックモデルであるグリッツァのパールホワイト。カタログ写真ではそんなに目立たないラメですが、現物はかなりラメラメな仕様です。オプション品のブルーミラーシールドも同時購入。シルバーミラーの方がパールホワイトとの相性はよかったかも。
FF5V.jpg

 ヘルメットは重量や頭の形状、乗車姿勢の違いなどで装着感も変わってくるけれど、自分の頭とOGKは相性が良いらしく、原付用に使っているテレオス2もお気に入り。サイズはテレオス2でXLだったので、これもXLにしたけれど非常に良い塩梅で満足。

以下インプレ的なもの

 ヘルメットの重量は少し重たい感じだけど、装着した状態では重さはそれほど感じない。重量バランスが良いのかな?
 空力パーツが付いている分ヘルメットとしては大柄なので、箱付きバイクの人だと、今までのように収納できなくなる場合もあるかも。

 内装は局所的な締め付けもなく、頬を含め頭部全体でホールドしている感触。それでいて耳周りは余裕がありメガネの使用も十分配慮されている印象。頭頂部の逆ハンモック的な構造もフィット感に貢献していると思われ。
 クールマックスを使用した内装はドライ感が好印象。ただし少しざらつく感触なので繊細な皮膚の人だと気になるかも。

 
 ベンチレーションはたぶんよく効いている。多分というのはクールマックスの内装との相乗効果で、いまのところ不快感を感じることがないので、ベンチレーションの効き具合にあまり意識がいかなかった。熱気がこもっている感じもないし。まぁつまりは快適ってことなんだけどね。猛暑日の日中だとまた具合が違うかな。

 
 空力的な特性については、FF-5Vのセールスポイントであるだけに素晴らしいの一言。高速走行中もヘルメットがブレずに安定する。感覚的には"どっしり"というよりは"すっきり"な感じの安定感で、頚椎への負担がかなり軽減されそう。長時間着用時には疲労感に相当の差が出るのではなかろうか。

 静音性・遮音性についても良好。というかまあフルフェイスだし当たり前か。空力特性の良さも静音性に貢献している印象。



 総評としては、コストパフォーマンス良好で、特に快適性に優れている非常に良質なヘルメット。ネガティブな要素としては、シールドの最小開度が大きいのと、スタビライザー部分のプラに傷が入りやすいことぐらいかな。
 ヘルメットの常として頭の形状差による相性というのはあるのだけれど、FF-5Vと自分の頭の相性は非常に良くお気に入りになりそうです。いい買い物でした。


 それと、首・肩のコリと、それが原因の頭痛なんかでツーリング中にグロッキーになってしまう人は、このヘルメットを試してみるといいかもしれない。頭部が安定すると随分違う。まぁ自分のことなんだけどね→グロッキー

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

ほぼ運動しないけど飲んでる。

 年明けの頃から何気なく明治乳業のVAAMを飲んでいるのですが、ふと思い立って手持ちのシートバッグとタンクバッグに詰めてみるという我ながら意味不明な行動にでました。

 まずは半年ほど前に購入した ナンカイ BA-303 ホップアップシートバッグ です。
画像010
 標準状態で9ヴァーム、容量拡大時で14ヴァームでした。1ヴァームは約500mlということで。

 このシートバッグ購入後に、一回り大きく容量もほぼ2倍のBA-304ホップアップネオシートバッグが発売されて、ちょっと微妙な心境。まぁよくある事さね。


 次に最近購入した ナンカイ BA-022 マルチユース F.R.S.バッグ です。
画像0005
 こちらは余裕の10ヴァーム、そしてすこし強引に12ヴァーム。



 ところで最近体重がジリジリ減っておるのですが、これがVAAMの効果によるものか、最近の体調不良によるものなのか、あるいはその両方なのかハッキリしません。
 自分の例年の冬の体重は70kg近辺でして、今年も冬の入にはそれぐらいだったのですが、今は65~66kg台という夏場並みの体重に。
 かといって体が軽快に動くかというとさにあらず。もしかして加齢で筋肉が痩せてるだけ?

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。