FC2ブログ

エアフェスタ浜松 2018

もう年が明けてしまいましたが引き続き航空祭ネタです(^_^;


航空祭が毎週の如く開催される11月。11月すごい!11月強い!
ってことで11月25日に浜松基地航空祭に行って参りました。

朝の6時前だったかに浜松駅周辺のコインパーキングに到着。
シャトルバス乗り場の様子を伺うと交通誘導員の他に人影は無し。
これは余裕かなと車で朝食を摂り始める。
すると途端に人が増えだしてバス乗車待ちの待機列が出来始める。なんでや・・・

自身も待機列に加わる頃には列は50メートルほどに。
それでもタイミング良くバスが稼働し始めたので待ち時間は僅かで済んだ。

浜松基地に入場すると近年の航空祭ではお決まりの手荷物検査。
開門予定時刻が前倒しになったのかこれも案外スムーズに通過。



基地内では浜松名物?なE-767ジュニアが今年もブイブイ言わせております。
t-75D_5117.jpg


もちろん本物のE-767 AWACSも鎮座。
t-75D_5123.jpg



ゾロ目のF-15.。
75D_5179.jpg


ゾロ目のブルー。
75D_5165.jpg


ラグビーワールドカップの記念塗装が施されたT-4。
t-75D_5172.jpg
スポーツに疎いのでラグビーとアメフトの違いがわかりません!


朝焼けの救難ヘリUH-60J。
t-75D_5156.jpg


ヘリが空中給油で使用する受油装置の先端。
t-75D_5151.jpg
ヘリの空中給油って操縦が無茶苦茶難しそう。


機首センサーにオリジナルっぽいカバーを装備していたAH-1S。
t-75D_5189.jpg


E-2Cは凶悪な見た目の8枚プロペラ仕様。
t-63A01728.jpg



基地内を闊歩するT-4マン。
t-75D_5260.jpg


謎のゆるキャラ?
t-75D_5246.jpg


シュールな存在感の家康くん。
t-75D_5277.jpg


世にも珍しいAWACS印の大判焼き。
t-63A01769.jpg


格納庫で展示さていた浜松基地模型部の作例の数々。
t-75D_5283.jpg
どれも丁寧に作られていて技術レベルの高さを感じました。



飛行展示の様子。岐阜基地のF-15は機首のお目目が早くも消されておりましたw
t-75D_6027.jpg

t-75D_5508a.jpg

t-75D_5514.jpg


t-75D_6773.jpg

t-75D_6994.jpg

t-75D_6822.jpg

t-75D_7341.jpg


さて、航空祭が終了し帰宅フェーズに移行しましたが、バス乗り場でバスに乗るの1時間。
バスが浜松駅にたどり着くのに2時間。帰りの渋滞した高速道路を車で8時間。
往路の2倍にあたる11時間を帰宅に費やし、なかなかに体力を消耗する1日となってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

2019年

年が明けて早くも五日。年末年始の繁忙期をようやく乗り切って一息といったところ。
毎年の事ながら盆暮れ正月の無い業界なので特段の感慨もありませんが、本年も無事故でバイクを楽しめたらと思っています。

当ブログは相変わらずの低頻度更新ですが本年もよろしくお願いいたします。



とりあえず大掃除でもしようかね。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

岐阜基地航空祭2018

11月18日の岐阜基地航空祭2018に遠征してしてきました。

去年は三柿野駅下車後すぐに手荷物検査を先頭とする大行列につかまってしまい、やっと基地に入場した頃には午前のプログラムが終了しているという惨憺たるありさまでした。

今年は手荷物検査レーンが前年比で2倍程に拡充されていたので随分スムーズに入場できました。


エプロンの端ではスペシャルマーキングのF-4がお出迎え。
63A01610.jpg



ことしも公開されていた先進技術実証機(ATD-X)。
63A01628.jpg
ワンオフ機が拝めるのも岐阜基地の魅力。



主翼付け根にサロンパスアップリケが貼られたF-15。
t-75D_2605.jpg
こういうのお好きでしょ?



まだまだ頑張る飛行機老人会。
t-75D_2598.jpg



新品の如くピカピカなF-2。
t-75D_2493.jpg
t-75D_2509.jpg
t-75D_2512.jpg
t-75D_2516.jpg

t-75D_3063.jpg
t-75D_3221.jpg
t-75D_3227.jpg



アニメとのコラボ企画によりお目目が付いたF-15。
t-75D_2532.jpg
t-75D_2521.jpg

t-75D_2633.jpg
t-75D_3259.jpg



KC-767による空中給油デモ。実際に給油はしていないので言わばエア空中給油です。
t-75D_3519.jpg
t-75D_3489.jpg




晴天のおかげでブルーインパルスの演目は高低差のある第一区分。
t-75D_3629.jpg
t-75D_3714.jpg
t-75D_3885.jpg
t-75D_4119.jpg
t-75D_4018.jpg
t-63A01695.jpg
t-63A01667.jpg



岐阜基地でのお約束。異機種大編隊。
t-75D_4447.jpg


帰り道では川崎重工の敷地内で限定品の枡が販売されておりました。

テーマ : 写真好き
ジャンル : 趣味・実用

明野駐屯地航空祭2018

11月4日に三重県の陸上自衛隊明野駐屯地で開催された明野駐屯地航空祭2018に行ってきました。
t-75D_2071.jpg


当日は晴天ならばバイクで行こうと思ってたものの、予報はあいにくの雨。
仕事で疲れていたこともあり潔く車で移動しました。

基地の開門は8時からで6時に直近の駐車場に到着とする場合、午前3時出発で間に合う計算。
ですが自分は20時から3時ぐらいまでがゴールデンタイムなので午前0時に出発。(笑)

京奈和から名阪国道を経て伊勢自動車道に入り安濃SAで5時まで仮眠。
津で高速を降りて一般道で明野に向かいます。
道中、同じく明野に向かっている様子のパトリオットの一群と並走。

予定通りに6時着。既に駐車場は9割ほど埋まっていましたが滑り込みセーフ。
現地では予報通りに雨が降っています。
しかもまるで狙いすましたかのように明野の周辺にだけ雨雲が・・・
( ;∀;)なんでやねん

開門待ちに並ぶのも億劫になり8時まで再び車で仮眠をキメます。
目覚めると晴れてる!などどいうこともなく基地に入ると飛行プログラムの中止の放送。

ただ航空機が一切飛ばないとのかと思ったらそうでもないらしく。
空自機の飛行展示とヘリの大編隊飛行が中止。

OH-1もアパッチも飛ばないので少々物足りなさもありましたが、それでも珍しいヘリが主役の航空祭。
スペシャルマーキングの機体もたくさん有り楽しめました。



地上展示では初号機同士が並んでいる粋な計らい。
DSC01539.jpg


最小限の手間でサ〇リオ的個性を獲得したOH-1。
可愛く見せてはいるがヤツの本体は緑色のセンサーだ!笑
t-75D_1251.jpg


OH-1秋限定。そんな感じ。
DSC01547.jpg


陸自所属航空機のシルエットが描かれたCH-47JA。
左側には早くもオスプレイとUH-Xの姿が。
DSC01588.jpg


メタリックブルーが地肌のTH-480B。
座席に居るのはソニーの手先。
t-75D_2191.jpg


自衛官募集を猛アピールするハヤテジュニア。
中の原チャリの色がバラバラなあたり私物でしょうか?
t-75D_2083.jpg


てこね寿司が屋台で売られていたので朝昼兼用の食事として購入。
気温が低いせいか米がやや固く感じられ、あったかい味噌汁が欲しくなりました。
t-75D_1275.jpg



以下、飛行展示の様子。
引退間近と言われるOH-6Dが非常に元気よく飛び回っていたのが印象的でした。
t-75D_1568.jpg
t-75D_1421.jpg
t-75D_1777.jpg
t-75D_1629.jpg
t-75D_1456.jpg
t-75D_1943.jpg
t-75D_1945.jpg
t-75D_1805.jpg
t-75D_1816.jpg
t-75D_1828.jpg
t-75D_1878.jpg
t-75D_1802.jpg



2時頃に会場を後にし、国道166号で奈良県を突っ切って帰宅。
道中で『道の駅 飯高駅』に寄り道し『いいたかの湯』につかり雨で冷えた身体を温めたました。
湯温高めな壺湯などもあり、なかなか良かったです。

テーマ : 写真好き
ジャンル : 趣味・実用

2017九州ツーリング その4 ガチガチアイスvsプラスチックスプーン

朝、ホテルの自室でガリぱんを食します。
宮崎ではミカエル堂のジャリパンを元祖とするグラニュー糖のザリザリ食感を残した菓子パンが市民権を得ていて、これもその系統。
IMG_20171029_093356.jpg
ロースト玄米のクリームはきな粉みたいな味でした。


微妙に生乾きなツーリングシューズやウェアを乾かすべく二度寝。
そしてグズグズうだうだしながらも出発。
所用があり宮崎市の南部へ。

南部は昨日の豪雨の影響で車道と用水路の区別が付かない場所が点在。
水没した田園地帯もあったりで豪雨の被害が少なくなさそうであった。
用件を済ませ高速道路に向かうも、いくつかのICが閉鎖されたままで結局高速に乗るまでに結構な時間をロスしてしまった。



台風の置土産の様な横風の中を北に向かってひた走り、大分県は別府へ。
別府と言えば温泉ということで鉄輪温泉街にある『ひょうたん温泉』へ。
IMG_20171029_153104.jpg


入浴後に休憩所で温泉卵と温泉の蒸気で調理された鶏肉せいろ蒸しを食す。
IMG_20171029_144517.jpgIMG_20171029_150856.jpg


ひょうたん温泉は砂湯や蒸し湯もあって一日ダラダラできそうな施設でしたが人気の施設らしく人口密度が高め。
外人っぽい人がやたら多いなと思っていたらミシュランガイドに三ツ星で紹介されている温泉なんだそうで。
深夜1時まで営業しているので、ひょうたん温泉が主目的ならば遅めの時間に行った方がゆっくり楽しめそう。


フェリーの時間にはまだ余裕があるので温泉をハシゴすることに。
鉄輪から少し山を登り『紫石温泉』へ。
IMG_20171029_170510.jpg
クセのない温泉で設備は最低限ながら210円というありがたい価格。
それでも他の市営温泉より高いってんだから別府はすごいね。

ここのむし湯が最高で、竹のスノコの下を熱々の温泉が流れていて蒸気だけがダイレクトに足元から上がってきます。
頭から遠い部分からじっくり温まるのが非常に良い感じでした。



入浴後にはガッチガチのアイスクリームを買ってしまい悪戦苦闘。
プラスチックスプーンはあっさりと敗北。

ならばとアイスのフタを折って場外乱闘の末に勝利。
しかいフェリーの乗船時間が怪しくなってしまい慌ててフェリー乗り場へ。

無事に大阪行きに乗船。
船内ではもう風呂に入る必要も無いのでまったり過ごします。
IMG_20171029_185630.jpg


夕食バイキングで暴食。
IMG_20171029_195702.jpg


翌朝の朝食バイキングでもやや食べ過ぎ。
IMG_20171030_071913.jpg


フェリーを下船した後は壊してしまったカメラのレンズを中古品で探すため大阪の店を数件周ってから帰宅。
今回の旅では暴風雨の中を走行するのは危険という当たり前の教訓を得ましたとさ。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2017九州ツーリング その3 いぶすきって難読すぎません?

朝、九州に台風が接近しつつあり、なんとも微妙な天気。
なんとかなるさねと南に向け出発。


雨が降ったり止んだりする中を走り指宿市内に。
流石は全国区で有名な温泉地だけあって観光バスが多い。
対して道はそれほど広くもないので流れが少々悪い印象。

指宿と言えば砂蒸しだけど雨天では気分的にどうも。
ということで中心地からすこし離れた鰻温泉に。


鰻温泉の集落に入ると温泉の蒸気があちこちに。
そしてスメと呼ばれる温泉蒸気を利用した蒸し器が屋外に点在。
aNCN_4224.jpg
スメは各家庭に装備されているとかいないとか。
いつでも地獄蒸しができるとか羨ましい。


こじんまりとした集落は平日ということもあり閑静で情緒ある雰囲気。
目的の『区営鰻温泉』は入湯料200円。設備は最低限。だがそれが良い。
aNCN_4221.jpg
緑がかった熱めの硫黄泉を堪能。
この値段なら毎日温泉に入れるので現地の人が羨ましい限り。


脱衣所内の金属は硫化水素の影響で腐食がみられる。
IMG_20171028_103217.jpg
こういうのを見ると温泉地に住むのって大変だよなとも思う。


入浴後に温泉卵を食す。やはり本物の温泉卵は美味い。
IMG_20171028_103419.jpg
区営鰻温泉では、まず温泉卵を注文してから入場。
すると入浴中に調理された卵が退場時に手渡されるというシステム。
つまり作り置きなしの出来立てがを食べられるって寸法。
無茶苦茶に熱いけどな!



指宿からは40kmほど東にある枕崎を目指し、どんよりした空の下を走行。
海と開聞岳を見ながら走る道中は快走路で、スカッと晴れていれば最高に気持ちよさそう。


『南薩地域地場産業振興センター』へ行き枕崎ステッカー等をゲット。
IMG_20171028_115823.jpg
枕崎ならやはりカツオなのだが、残念ながらここの食堂は閉鎖されていた。


ということで近くの『魚処 なにわ』さんへ。
IMG_20171028_134700.jpg
IMG_20171028_134648.jpg


枕崎名物の郷土料理である「かつおビンタ定食」を食す。
IMG_20171028_125937.jpg
「びんた」とは薩摩の言葉で頭を意味し、今日のビンタの語源になっている。
すなわち「かつおのびんた」はかつおの頭の事。
鰹節製造などで余るカツオの頭を味噌煮にして食べるわけですな。

カツオの頭って大きいので骨も多いけど可食部も多く、かなり食いでがあります。
骨を除けながら食べるので時間がかかるのが難点でしょうか。


食後は休憩がてら台風情報などを検索。
やはり大隅半島に渡るフェリーは欠航。
ルートを北側に練り直し、本日のお宿を宮崎市内に手配。



北に向かう道すがら『知覧特攻平和会館』へ。
IMG_20171028_153656.jpg
諸々の感想は置いておくとして、そこそこメンタルが削られます。

アホで無責任で軽薄な意思決定層がクソみたいな現実逃避に走って現場や若者をすり潰すという悲劇。
そういう視点で見ると日本って反省しないよね。とさらに暗い気持ちに・・・



駐車場そばの売店で紫芋アイスを食らいメンタルを癒すなど。
IMG_20171028_154810.jpg



その後、知覧から離れ霧島に近付く頃には台風の影響が出始め、かなり強い横風が。
さらに宮崎県に入ると日没と共に猛烈な雨。豪雨ってレベルじゃない豪雨。

ほとんど前が見えないし、車線と路肩の区別も付かない。
おまえけに何台もの対向車がHIDハイビーム攻撃をしてくるので何度もホワイトアウト。
けど高速道路上なので迂闊に停車するのも危険。

これはもうダメかもしれんと思ったが直近のインターチェンジまでなんとか到達。
高速道路の封鎖作業もあり下道に強制放流。

ヘルメットの内装まで水浸しになる頃に宮崎市に到達。
しかし宮崎市の南側では避難指示が発令されていた( ^ω^)・・・



ホテルにチェックインすると雨は小康状態。
豪雨下の走行でアドレナリンが出てしまい寝れそうもないので『極楽湯 宮崎店』へ。
ひとしきり温まった後は宮崎の繁華街をウロウロ。


『地鶏もも子 本店』なるお店で食事。
宮崎らしく鶏の炭火焼きと鶏のたたきを食す。
IMG_20171029_001752.jpg
IMG_20171029_001212.jpg
お値段がちょっと高いめだけど地鶏ならまあこんなもんかと思った。
ところがぎっちょん一人前が2~3人でシェアするタイプの量だったでごさるの巻。
なんとか完食するも鶏だけでお腹いっぱい。


店を出ると待ってましたとばかりに再び暴風雨。傘が5秒で死亡。
コンビニでビニール傘2世を調達しホテルへ帰った。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2017九州ツーリング その2 荒夜の血糖 

自分にしては少々飲みすぎた。そんな感じのゾンビな寝起き。
『ビジネス湯宿 湶』の温泉大浴場でガッツリ汗を流して蘇生。

身支度を整え営業部長のちくわ氏に挨拶をしてから出発。
IMG_20171027_091136.jpg


山鹿の街を散策し『木屋本店』『千代の園酒造』でお買い物など。
IMG_20171027_095554.jpg


せっかくなので『山鹿温泉 さくら湯』にも入浴。
くまモンも入浴した霊験あらたかな温泉です。
IMG_20171027_092253.jpg
ぬるめのお湯で長風呂好きにはたまりません。
この立派な建物で300円という安さ。しかも朝6時から営業。


友人宅に挨拶に行った後に山鹿を出発。
IMG_20171027_095413.jpg



友人おススメのラーメン屋『幸帝ラーメン』が隣の菊池市にあるという事で行ってみることに。
到着したのは昼食にはやや早い時間であったが、かなりの人気店の様子で客がひっきりなしに来ていた。
IMG_20171027_122731.jpg
濃厚ガッツリ系なラーメンでおいしゅうございました。



菊池から西に向かい長部田海床路へ。
IMG_20171027_135500.jpg
NCN_4196.jpg
満潮時には沈んでしまう漁業従事者用の道路。
夜には街灯が灯されて綺麗らしい。



長部田からは天草へ。
天草はアップダウンとコーナーが適度にあって楽しく快走。

カトリック﨑津教会へ寄り道。
考えてみれば教会に足を踏み入れるのは初めてかも。
IMG_20171027_160652.jpg
教会内部には意外にも畳が敷いてあった。


思ってたより天草は広く、南側の牛深まで抜けるのに時間がかかってしまった。
面積的には淡路島と同じぐらいはありそうだ。



sIMG_20171027_170323.jpg
牛深港から三和フェリーで鹿児島入り。
着岸するころにはすっかり日も暮れていたが100km走行し鹿児島市へ。
繁華街の天文館に向かうも周辺は大型バイクを駐輪できる場所がなく一苦労。

二年越しのリベンジで『天文館むじゃき』へ。
IMG_20171027_213911.jpg


白熊ベビーサイズ。言うてもデカい。
IMG_20171027_212424.jpg


両棒餅。
IMG_20171027_213017.jpg

晩御飯が甘味2品というのも不健康だが、たまには良いだろう。いや、良くない。



さて、食後は宿ではなく家族風呂付インターネットカフェというレアな施設『湯楽館』へ。
といっても家族風呂はコスト高なので仮眠ブースのみの利用。
3時間パック以上の利用で同じビルの2階にある『太陽ヘルスセンター』に入浴できるので無問題。

ゆっくり風呂に浸かってから就寝。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2017九州ツーリング その1 君は辛子蓮根を知っているか?

またしても2017年のツーリングのお話。


連休の確保に成功した10月後半、速攻で阪九フェリーを予約。
上機嫌で泉佐野のフェリー乗り場より17:30発の九州行きフェリーに乗船。
しかし車両甲板でいきなりソニーのNEX-3を落下させてしまう。
あえなくカメラはご臨終。失意の船出となってしまった。

どういうわけか長距離フェリーに乗ると毎回のように一眼レフを落としてしまう。
おのれショッカー!!


以後、たまたまお遊び用に持ってきていたD7000と中華製単焦点レンズでお写真。
aNCN_3999.jpg
流石は単焦点で注意深く撮影すればなかなかの画が撮れる。
しかし撮影者の腕が悪いのでスナップは良くブレる。


カメラ破壊で盛り下がった気分を鼓舞するため食事は豪勢に。
鶏のタタキ&もつ鍋で九州旅情を盛り上げる。
aNCN_4005.jpg


少々食べすぎたのでベッドへ帰巣。
しかし睡眠と移動が両立できさえすれば十分に満足な自分にとって、ピカピカの新造船は少々落ち着かない。
でもまあ船の上で特に何もすることが無い時間ってのは良いものだ。そんな事を考えながら就寝。



明けて翌日。新門司に着岸したフェリーを飛び出し一路西へ。

途中あまりの寒さにコンビニでカイロを購入する以外に大したイベントもなく長崎県佐世保市へ。
新門司から200km3時間。本土最西端の地、神崎鼻は意外と遠かった。
aNCN_4040.jpg


あまり観光地化もされていない土地で、平日という事もあり寂しい場所であった。
あちこちに潮だまりがあるので磯遊びが好きな人には良いかも。
aNCN_4019.jpg

漁協の九十九島直売所で最西端の証明書を頂き、100kmほど南下し長崎市へ。



ゆめタウン夢彩都の駐輪場へバイクを止めてクルーズ船へ。

整備中のイージス艦を眺めたり、
aNCN_4045.jpg


立派な橋の下をくぐったりで、
aNCN_4052.jpg


軍艦島に到着。
aNCN_4139.jpg


小さな島らしく吹きっ晒しの島内には至る所に塩の結晶が付着している。
aNCN_4122.jpg


まるで戦禍にでも会ったかのような雰囲気の瑞島。
aNCN_4098.jpg


往時の面影はあるものの、風雨に晒されるがままに朽ちていく遺構。
aNCN_4119.jpg
栄枯盛衰だよなあ。


島内は行動範囲が制限されているので短時間で見学は終了。
港に戻り50km東の雲仙方面へ。



雲仙から熊本にフェリーで渡る算段なのだが東へ向かう道路が大混雑。
地形と人口分布からして国道251を走行する方が正解だったか。

目的のフェリーの時間には間に合いそうもなし。
ならばと次便までの空き時間で雲仙多良シーラインを走ってみた。
aNCN_4187.jpg
中間地点からは雲仙岳が良く見える。
一直線に続く堤防道路はネズミ捕りポイントの匂いがプンプン。


有明海に沈む夕日をしばし鑑賞。
aNCN_4184.jpg


夕日を眺めているとあっという間に良い時間に、というかむしろ危険な時間に。
有明フェリーの乗り場に急行し、熊本県へ。
IMG_20171026_175555.jpg



長州港から40kmほど走り、山鹿の『ビジネス湯宿 湶』へ投宿。
IMG_20171027_091058.jpg
ビジネスホテルだけども源泉かけ流しの温泉が楽しめるナイスな宿。


友人と山鹿の街で晩御飯。
aNCN_4194.jpg

『割烹よこて』さんで写真撮るのも忘れて楽しく飲み食い。
馬刺しに馬納豆、だご汁、辛子蓮根、一文字ぐるぐる、などなど郷土料理や旬の物をおいしく頂きました。
自分は辛子蓮根は好きではなかったのだけれど調理したての辛子蓮根は破格の旨さ。
いままでの辛子蓮根は偽物やったんや!!となるくらい味・食感・香りすべてが別物でした。


その後は『BAR PADDOCK』に移動し、シャレオツ空間でしばし談笑。
普段は飲まない酒で睡魔に惨敗。宿に帰る事にしました。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSフィード

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

やぎみね

Author:やぎみね
ライテク?なにそれ?
積みプラは老後の蓄え!
惰眠を貪ることが何よりの幸せ

コメント頂いた方に勝手にリンクを貼ったりします。
あしからずご了承ください。



カテゴリ
最近の記事
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリ別記事一覧
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
日々の寝言
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: